FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

レッドクリフ

ジョン・ウー監督。
100億の制作費。
そんなうたい文句の大作映画。観てきました。

なんというか、やりたいことを延々と詰め込んだ映画。観終わった感想はそんなでした。

周瑜よりかっこいい孫権をはじめてみた。

魏陣営の武将が出てこないのが納得いかない。(スタッフロールにはいるのですが・・・)
荀攸はー? 夏侯惇はー?

中国の俳優さんはよくわからないけど、金城武さんはいい。不夜城以来、好きです。



演義の曹操を押し付けるのは止めて欲しい。
三国志というものは ”演義” と ”正史” 二通りあって、主流なのは演義なわけなのですが、
近々日本では「蒼天航路」などにみられる正史を軸とした三国志が流行りつつあります。

演義の曹操は悪役。チビで醜くて、野心家。
正史の曹操は、腐敗した政府を一から作り直そうとする革命家。
(正史というのは実際の歴史を書いているものなので、言えば、東洋のカエサルぐらい評価されてもいいものだと思うのです)

だけど、中国の人は演義を史実だと信じて、それ以外の三国志を認めません。

そういうのはうんざりなのです。
関羽を神様のように扱うのはわかる。
劉備が清廉実直なのもわかる。
そういうのもひとつの演出と思えば見ることはできる。けど、もっと視点を変えて欲しい。

日本なんて国は、次政権の敵役、石田三成や小栗忠順を再評価している。
(だから、日本という国に生まれてよかったと思う)
そんなことを他国の人に求めるのはおかしいと思うが、せめて周りの中国人の友人にはそういう視野も持って欲しい。そう思うのです。

レッドクリフはそういう中国人の概念から脱却したものではなかったのが残念です。(脱却した作品だ。なんてふれこみでヒットしたわけじゃないですが・・・)

ま、大半が映画のことよりも、中国人へのメッセージになっちまいましたが、四行目から八行目が映画の感想ですので、参考(?)にしていただきたく。

そんなわけで、久方ぶりに三国志談議をしてみたくなった。
K見てないかなー? 久しぶりに会おうよ。



今年の映画はこれで終わりかなー?
アイアンマンは結局観ないかなー?
なんかよさげな映画あったら、連絡ください。


スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぐわんげ | HOME | 喰霊-零->>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |