楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

藁の楯

普段なら、繁忙期の3月過ぎると、猿のように映画三昧になるのですが、
今年度はようやく1本目。藁の楯。

懸賞金10億がかけられた異常犯罪者を、博多から東京まで護送するというお話。

主演級が、大沢たかおさん、松嶋菜々子さん、藤原竜也さんという豪華メンバー。

犯罪者役は藤原さんが演じてまして、
なかなかのキチガイっぷりで、最後の最後まで突っ走る役です。
藤原さんは、2枚目なのに若いころからこういう役もやっているので好きです。

で、そのSPとして、大沢さんと松嶋さん。
大沢さんは正月に観たストロベリーナイト(映画版)のイメージが残ってて、
おだやかな役なのに、ヤクザが脅している風に見えてしょうがないw

最後に、その10億の懸賞金かけた蜷川(山崎努さん)と大沢さんの問答があるんですが、
蜷川が屈した理由が、虎舟的には一切わからないまま終わるという。
その1つ前のシーンも含めて、原作とは変えてしまったのかな?
とか、思いました。

なんか、最近、こういう感じの警察映画が増えましたね。


スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<二流小説家 | HOME | 2012虎的映画大賞>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。