楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラチナデータ

東野圭吾×二宮和也、ということで行ってきましたプラチナデータ。

東野さんは、はまってるわけじゃないけど、
結局、読む機会の多い作家さんで、

二宮くんは、青の炎から好きなので、
かなり期待していきました。

原作自体は、読んでないですが、
新書で出た当初から、これは面白そうだという印象がありました。

で、映画見て、
番宣で豊悦さんの役は、原作にいないという話を聞いていたのですが、
「え? この配役なしにどうやって話をまとめてるの?」
というレベルぐらいにかなり重要。

これはおそらく、警察サイドの動きもちゃんと見せるためと、
ニノが忙しいから・・・かなぁ?

後者はわからんけど、少なくとも前者の演出は成功していると思われ。

ただ、逃亡劇として考えると、
これ(カーチェイス)とこれ(爆発)をやっておけば、OKでしょ?
という印象も受けられ、
その点は、ゴールデンスランバーの方が面白かったかなと。

最後の持っていき方は、豊悦さんを加えた部分を
+以上に持っていく演出ができたように思えたので、
かなりよかったです。



スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2012虎的映画大賞 | HOME | ベルセルク3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。