楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ストロベリーナイト

すごい、時期外れになってしまったよー。
という連投。


なんというか、西島(菊田)頑張れ! 頑張れ!! って映画でした。

悪い面から上げると、テレビ版(というより、原作版?)の姫川の暗黒面を理解してないと結構、納得できない感じ?

特に、好きな人はいるけど、他の異性に近づいてしまうというのは、ピュアな若者たちには通じんだろうな。とか、なんとか。

善い面を上げると。・・・上げると?
うーん、面白い映画ではあったんですが、「ここのこのシーンがっ!!」ってのはなかったような気もしないでもない。

その点は、前述の姫川の暗黒面とかそういうのが重要なんですが、
正月に一気見しての、浅いファンなんで、まだ語れないのかもしれんです。






スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ベルセルク3 | HOME | 悪の教典>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。