楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

悪の教典

久方ぶりに、連投だよー


まあ、あの原作をまるっと収めるのは無理な話で。

ただ、個人的には、「美也にはもうその時間は残されていなかった」
(漢字が出ないので代用)の部分が欲しかったです。
まあ、原作では美也はもっと活躍(?)するので、その部分も違うんですが。

あと、あの外国のシーンは、映画だけの人には良くわかんなかっただろうなー。
逆にカットした方がよかったような気もしないでもない。

逆にラストシーンの「もう次のゲームを始めてやがる」は、よかったかな。
あれを原作通りに別のシーンでやるのはちょっと違う気がした。

でも、To be continued はないでしょう(笑)


そもそも、貴志祐介さんの作品というだけで、
個人的には原作以上にはならないので、この作品はこれくらいで。

ただ、創作者として、同級生が死体になっていく中で、
最後に散弾を撃ち込まれる情景というのは、非常に参考になりました。


スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ストロベリーナイト | HOME | のぼうの城>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。