FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

のぼうの城

だいぶ前に見たんですけどねー。
最近、すぐ更新できんとです。



小説を読んだ時から思っていたことですが、この話は密度が濃い。

のぼうの城が映画になると聞いたときは、映画用のシーンが挿入されるのだと、
てっきりそう思っていました。
でも、ぜんぜん、そんなことにはならなかったし、加えて、
カットされたシーンもほとんどなかったのでないかと。

のぼうの城はおいておいて、この忍城の戦いは、
武勇に名高い甲斐姫のことを講談にして今日まで伝えられた物語で、
作品名は伏せますが、のぼうの城と同時期に、
甲斐姫を主人公にした同じ題材の小説もありました。

が、結果として売れたのは、のぼうの城。
まあ、甲斐姫の講談がマイナーになっていたというのもありますが、
日本人の歴史認識力の高さに感服します。
(もちろん、のぼうの城が面白いということでもありますが)
(外国の方、日本人は漫画好き=幼いと言いますけど、
軍記物化(パロディ化)した三国志と百年戦争しか認めない国の人たちに言われたくないです)

さて、この作品はかなりすごい役者さんを起用していますが、
今回着目したのは、上地雄輔さん(石田三成役)。
天地人で小早川秀秋(くしくも石田三成を死に追いやる人)を
やっていたときよりの成長っぷりが半端なかったです。

あと、この作品(原作を含めて)で残念なことは、
成が正当に評価されていないこと。
水攻めという小城を落とすには浪費にすぎる策を提案したのは秀吉で、
三成は一度、それを断っているという資料が残っています。
もちろん、それは三成の感情を表に出すための和田さんの演出なので、
史実通りならそれはそれで不満なんですが。。

なんにしても、見て損はない作品ですので、ぜひご覧くださいませませ。

スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<悪の教典 | HOME | 平清盛が終わって>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。