楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

平清盛が終わって

かつて、これほど面白いドラマがあっただろうか?

これは大河や時代劇を超えて、賞賛されるべきドラマです。

平家を題材としたものとすると、池宮さんの「平家」があるのですが、
これとところどころ似ているなー。とか思ったりしたんですが。
(同時代の資料を使っているのだから、当たり前)


常盤御前の扱いとか違うので、男性と女性の書く視点の差かとも思いました。

実は、平治の乱の後、常盤御前は清盛の公然の愛人になります。
この辺が義経が清盛を「父」と呼んでいたとかいう話になるのですが。
実際に、常盤さんは清盛の女児を生んでいます。

池宮さんは、その辺を優しさで表現し、
藤本有紀さん(脚本)は、その辺を伏せて、女性の強さを表現されていました。


逆に、重盛に関しては逆の評価になっており、

池宮さんは、柔和すぎだが、経験もあるので後継者として適切として、
藤本さんは、もし重盛がいれば・・・ ということを出し過ぎなほど表に出して表現されていました。

なにより、演者の窪田正孝さんの凄まじさ。
平清盛で、窪田さんが最も飛躍された役者さんではないでしょうか。
特に、

「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」

副題にもなった、このシーンでの演技はこの作品の中でも1・2を争うものでしょう。


あとは、源氏主体の物語でもあまり語られない。
頼朝の最初の子供の話があったことが取り上げられたのはよかったですね。


さて、ここで清盛が失敗して、頼朝が成功した理由を考えてみましょう。
私個人としては、人事権によるものが大きかったのだと思います。

清盛は、天皇・上皇を把握して、あくまで朝廷経由で行おうとしました。
事実、それは成功したでしょうが、摂関家の抵抗と戦わねばなりませんでした。

頼朝は伊豆で隠遁生活を送っていましたが、
三善康信(未登場)という中央官僚とつながっていまして、
おそらくは彼の提案で、独自の人事権(守護など)を発行していったのだと思います。

余談ですが、鎌倉政権を安定させたのは、
三善康信、大江広元(毛利氏の始祖)、和田義盛らの政治の才能によるところが大きいです。(全員、未登場。むしろ次世代の北条氏を除いて、彼らしか政治の才能がなかった)

頼朝は、清盛の失敗や、おそらくは大江広元から中国の書物を得て、この発想に至り、勝利を手に入れます。
(炎立つでは、独自に海外貿易を行っていた奥州藤原氏から、発想したことになっている)
だから、守護を任命しているシーンがさっくりだったんで、ちょっと残念でした。


あー、それにしても今年は満足だったー!

あえて、触れませんでしたが視聴率なんて意味ないです。
でも、その影響か例年の最終回30分拡大がなくて残念でした。

そして、次回は承久の乱を主題に「北条泰時」を!
杏さんも政子役で乗り気らしいですしw!



スポンサーサイト

大河ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<のぼうの城 | HOME | エヴァンゲリオンQ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。