FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エヴァンゲリオンQ

放映開始の次の日に観てきました。
(今頃、寄稿するびっくり!)
結論から言って、「序」「破」には及ばないだろうなという感想。

「序」も「破」も、かつてのエヴァンゲリオンがあっての物語でしたが、「Q」は誰も知らない物語で。
この15年間、討議されてきたそれとは違うものでしたので、時間という密度の差がでるかと。
ただ、カヲルくんファンには、より濃密なたまらないものだっと思われます。

本来、「Q」は最終章の「???」(シン・エヴァンゲリオン劇場版と今作で表記)と同時上映予定だけあって、「つなぎ」の作品だったのかもしれない。
なにより、「Q」という題名だけあって、新たな命題を暗示させる予定だったのかもしれない。(本来、序破急は歌舞伎の3部作の分け方であって、急は締めの幕なのだが)
そういうところが不透明なのが、エヴァらしいといえば、エヴァらしい。

さて、隣で見ていた友人は、伊吹さん(リツコの助手さん、名前がうろ覚え)の出番が少ないことを嘆きつつ、いろいろ核心的なことに気付いてました。
あー、なるほどなー。その理論には矛盾点もあるけど、それはエヴァなら補完できる部分だし、むしろ、あの細工はそのためと思えば、全てに合点がいくわけで。
まあ、「Q」観た感想が、「冒頭の実写版エヴァがよかったです」と、ジブリと出ていたにも関わらず、巨神兵だと気付かなかった会社の後輩みたいな人間が少ないことを祈るのみです。

個人的には、貞本さんエヴァ(漫画版)か、新劇場版のどちらかで、公式のシンジの恋愛対象がアスカであったという満足を残してくれる結末が描かれれば、もうそれで満足に至る気持ちでいます。

以下、ネタバレ含みの感想戦

さて、それでは、我々が映画と同じくらいの時間、討論したことについて、ネタバレか妄想かわからないですが、語りましょうか。

「あのアスカ、惣流じゃない?」
(惣流・アスカ・ラングレー=テレビ版のアスカの名前、新劇場版では式波となっている)

映画鑑賞後、早めの夕食をお好み焼き屋「風月」にて、摂っている時に友人からの一言。

ああ、なるほどな。あの眼帯に触れなかった理由がわかったと、もやもやしたものが氷解した。
前作の劇場版では、量産型に2号機ごと捕食されるアスカですが、その際に目を串刺しにされています。
まあ、もちろん、それだけでその結論に至った2人ではありません。

新劇場版のHPには、声優さんの紹介がなく、
劇場版のエンドロールには、声優さんの役名が書かれていませんでした。

(2人とも、その場でHPを確認したわけでもなく、エンドロールを意識して覚えていたわけでもなく、ただ単に、普通に記憶していたのですが、この辺が旧エヴァファンの日常でありました)

もちろん、そうするとマリの存在意義はどうなんの? という疑問が残りますが、
セカンドインパクトからサードインパクトの辺りはパラレルワールドなんじゃないかと。

元々、テレビ版では、こういう過去(綾波が転校生で、アスカが幼馴染み)もあったとか、そういう表現をしていた作品なので、「IF」が連なっても不思議じゃないかと。

でも、我々がエヴァに求めているのは、こういう妄想、推論をことごとく打ち砕いてくれるってことなんですけどね。

まあ、そんな結論を出した後は、奈須きのこの近況について語りましたが(笑)
(レッドドラゴン、薦めたった!)

って感じで、新しい終わりは3年後に期待しましょう。ではでは。
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<平清盛が終わって | HOME | 天地明察>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。