楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天地明察

主人公にV6(だったけ?)の岡田君、ヒロインに宮崎あおいさんで
制作された作品ですが、宣伝も行われていたはずなのに、
思いのほか、知人に見ている人が少ない作品でした。

で、公開から1ヶ月、放映も1日1回とかになって状態で、
期待もせずに観たら、びっくり!
こんなに面白い時代劇があったのかと、感嘆、驚嘆。

あらすじ
主人公は、安井算哲(のちの渋川春海)という会津藩お抱えの碁打ち。
この時代の碁打ちというのは、文化的にトップクラスなわけで、
政財界に影響力を持っています。が、算哲はまだ若年。
和算(現在の数学のようなもの。代数幾何に近い)にのめり込んでいます。

しかし、主君である保科正之に目を付けられ、測量
(伊能忠敬のそれと比べると、範囲は狭いようでした)に出たことから、
その才能を開花し、暦の編纂の仕事に携わることになります。

さて、その暦。
日本で使われていたのは、800年も前の中国の暦で、当然のことながら不正確でした。
暦が不正確であれば、吉日もずれ、祭事も間違いが生じる。
しかも、暦は公家の管轄であって、武家には手が出しにくい。
ならば、正確な暦を提示してやればいい。

算哲が仕掛ける改暦の手段とは!?

冒頭書きました2人の他にも、豪華キャストが勢ぞろいしたりします。
おえんさん(宮崎あおい)との関係もいいですよー。
個人的に、日本アカデミー賞の候補作品であったりします!


スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<エヴァンゲリオンQ | HOME | 踊る大捜査線>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。