楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

るろうに剣心

個人的には、るろうに剣心が漫画の中で一番の傑作だと思っています。

で、そんな漫画の実写アニメ化。

あまり深く考えずに、ただ観に行ったのですが、観ていて要点だったのは、

飛天御剣流をどう表現するか

だったのかもしれませんね。

で、これはありだと思いました。
漫画のままで行くと逆刃刀で、がんがんやっていってしまう(当時、友人と「逆刃刀でも、あんな殴られたら死ぬよねw」と話していた)イメージだったんですが、投げとか蹴りとかあって、言ってしまうと「剣術に柔術を組み合わせた感じ」のものに昇華していました。
むしろ、実写ではこの方が映えたんではないかと。

で、細かい難点を上げていくと、

左之助の登場シーンがイマイチだった。
斉藤一の活躍が少なかった。
観柳の側近の2人がいまいち認識できなかった。

となっていきますが、その辺をクリアさせていこうとすると、斉藤一、ひいては江口洋介さんをカットしなければならなかったのかと。尺的に。

斉藤一も好きですが、江口洋介さんも大好きなので、その点はOK、OKということで。

ただ、最大の痛恨事は、続編を作る場合、香川照之(観柳)さんがもう使えないってこってす。




スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<踊る大捜査線 | HOME | ダークナイト>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。