FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Dead End of Junction #1

アトリエ773さんの作品。略して、DEJ。
1年前の作品がやっと終わりましたよ。
プレイ遅くて、ほんとすんません。

ウエスタンな話(独立戦争ではなく、南北戦争後の設定かな?)に、
ファンタジー色を加味した感じの物語で、全般的にコミカル&シリアスな作風。


私が評価する同人ゲーは1次創作であることが前提ですが、
773さんの作品はプラス独自性が備わっており、
今回はノベルゲーにも関わらず、漫画のコマ割りを読み進めていくような感覚
(Web漫画みたいなの。例、青春離婚@HERO.最前線)を味わうことができます。

読み手としては、さくさく読むことができるので新鮮ですが、
オートとバックログ機能が未搭載(#1時点)なのが、いささか不満。

これは、搭載されてないゲームも多々やっている私ですが、さくさく読める分、
両機能がない不便さが強調されてしまったのではないかと思われます。

DEJが発表されたときは、鈴ノさんの絵でキャタクター紹介が増えていくのも
楽しみだったのですが、イナホが出たときは、
(おそらく作業中であった)心紅朗氏にメッセンジャーで話しかけ、
「これ! こんなキャラ、いつか創ろう!」とか、
当時制作中だった「日曜日の八百屋」には無縁のキャラデザを見せまくってました。
心紅朗氏もデザイン褒めてたけどね。

キャラデザを既存の商業作品の真似。とかしてる作品からは、あじわえない。
こういうのが本当の同人ゲームなんだと思っています。

で、ここからは褒めてる文なので、勘違いしないように聞いて欲しいのですが。
表情差分がいささか少ないと思ってます(#1時点)。
よく同人ゲーの褒めレビューで「表情差分が多くてよかった」とありまして、
十三妹でも求められている部分なので、ユーザーさんの判断基準というのは
そこにあるのだなと思うのですが。DEJに限って言えば、
”表情差分が少ないにも関わらず、それを感じさせない造り”を
していると評価できると思います。

登場キャラの性格設定にブレがなく、かつグラフィック指定をした時に
ちゃんと確定しているからかと思うのですが、こういう点を評価できるのは
作り手側の人間しか言えないと思うので、ブラシーボ! と言っておきます。

まあ、そんなわけでDEJはあと2作(#3、#4)で完結となるわけですが、
#2がプレイし終わってない私には「イナホの活躍、期待してます! 頑張ってください!」
とか言えないので、本日はこれにて。


スポンサーサイト

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドラクエX | HOME | おおかみこどもの雨と雪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。