楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宇宙兄弟

今年のGW映画の一つ。
3週目の土曜日の昼下がりに見て来たのですが、結構な混みようでした。

原作は知らないんです。
ちょうど、モーニングを読まなくなってから始まった作品だったので。
ただ、テレビで宣伝し過ぎですね。内容が見なくてもわかってしまう。
でも、最近はネタバレ風な方が、面白いって意見も増えてきたそうで。


で、見る前にレビューを見たりしてたんですが、細かいところを突く人が多くて。
でも、それ言う前に映画の内容見てくださいよって、
こんなにいろんなことを訴えていて、且つ、それが押しつけがましくない。
なんて、めったに出会える作品じゃないですよ。

普通の映画って、1つのテーマに重きを置いて、
それを軸にしていくんだと思ってるんですが、この作品は、
宇宙、兄弟愛、友情(同志の)が見事にバランスよく配分されている。

しかも、そうやっていくつもテーマを置いてしまうと、
こっちがそう感じるんじゃなくて、演者が言ってしまったりして、
強制的にされてしまう感がでてしまうのですが、そうではない。

原作がそうだからかもしれませんが、どちらにしても素晴らしい。
ただ、惜しむらくは恋愛に触れるところがなかったことで、
それがなかったから、逆に良くなったのかもしれませんが。。


あと、これ、広報がかなりよいセンス。

CMで小栗さんの言う「いくよ、いってやるよ」は、
テレビ見てれば、結構な確率で頭に残ると思うのですが、

これ、映画のシーンではもっと長いセリフでした。
しかも、CMでは、指を突き上げるところで、「いってやるよ」でしたが、
映画では、その部分は指を突き上げるシーンのちょっと前で、
実際にはそのシーンでは別の台詞をしゃべっている。
CMにインパクトを与えるためにした、素晴らしい構成だと思いました。


個人的にちょっとって部分は、
あれはどういう意図のテストだったのかと、
クレーターの中だと、どうしてあんなになるのかの説明が欲しかったです。
うーん、おいらは両方とも知ってるんですけど、映画として欲しかったかな。



スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フェノメノ | HOME | テルマエロマエ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。