FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

容疑者xの献身 (映画)

ガリレオシリーズは小説よりもテレビ版のほうから入ったのだけれども、結局のところ、東野節にいたくやられてしまってます。 や、どうも、虎舟です。

小説版を見てから思ったのですが、テレビ版というのは大分脚色されていて、弓削やら、城ノ内やら、栗林なんてのはそういう点で付け加えられたものでして。
まあ、その点はテレビ化された小説版っていうのは全部短編で、それが容易でもあったのですけれども。
その脚色点は、小説でやっていたら興が削がれるんでしょうけれども、テレビ版ではそれらの掛け合いが面白く、小説を先に見ていても、テレビ版は面白く感じたんじゃないだろうかと思うわけです。

で、今回の映画版ってのは、原作が一作まるまるあるもので、そういったテレビ版の脚色キャラの出番があんまりなかった。
というか、あんまり活用できなかった(時間的意味合いも含めて)。っていうのが、残念なところでした。

北村一輝の出番が多くてよかった。
草薙という人物が好きなんです。内海ではなく。
これは原作版の方の話なんですが、草薙という人物は内海よりも知的です。それでいて人間的で、湯川と一般人のちょうど中間というような感じです。
今やっている、ガリレオφでは完全に相方なので、その辺もウヒヒヒです。

前回の「容疑者xの献身」の時に、大分思いの丈は吐き出したので、今更言うこともないのですが。
堤真一さんの石神はよかった。
もう、ここまで来ると、演技派の方なら誰でもいいやというのが本音なのですが、映画の半分ぐらいが石神サイドで描写されるので、堤さんでよかったなあと思うのです。

推理小説というのは、犯人サイドと、探偵サイド(この場合、警察)の二通りの視点で流れていくと思うのですが、
この話は、湯川サイドという事件の真相に至っていてもそれを話さない。という視点があります。(これは森博嗣さんのS&Mシリーズでも活用されてますので、それほど目新しいわけではないですが)
これをやれると、いつもは推理なんてしない私も、この時点で解決の手立てがあるのだろうと慣れない推理なんてものをしてしまいます。
まあ、映画だとゆっくり考えている時間はありませんが、そういうのも楽しさのうちかと。

最後の”咆哮”でまた泣きました。
なんか、周り見ると自分しか泣いてなくて、ちょっと恥ずかし。

最後に、
夢のような~♪ エンディングは「最愛」で終わるのが良かったと思う。尺の都合だろうけど、ガリレオのテーマは流さない方がー。 



とりあえず、今後触れるであろう東野圭吾さんの作品は、
小説「さまよえる刃」 と テレビ版「流星の絆」 。
ガリレオとはちょい違いますが、東野ワールドは当分味わえそうです。(ま、その前にちゃんと見ないとここで感想も書けませんがー)


スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パンドラ と いろいろ | HOME | 夏目友人帳 その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |