楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マネーボール

カイジといっしょに観てきました。
これはなんというか、映画ファンにはたまらない感じの映画。

明確なんですね、お話が。
起承転結がしっかりしているというか。
問題が起きれば、それに主人公がどう対抗していくかとか、
そのラインが見事! 最後まで飽きさせない!

お話はメジャーリーグのアスレチックスのGMの話。
日本ではまだ定着していませんが、
監督ではなく、チーム編成のプロフェッショナルのこと。

アメリカの選手を金銭と同価値においた編成の仕方は慣れませんが、
これはそういう世界のお話ということで。

主人公のGMが、出塁率やランナーを置いた状態での被打率などを
重視した編成を行って、現代の大砲主義に挑戦していきます。

なにしろ、このお話があった年のアスレチックスは、
ジアンビ、デーモン、あと投手一人(名前忘れた)が、
FAで一気にいなくなってしまった年。

アスレチックスは、ヤンキーズの1/3の資金しかもっていないので、
補強もままならない。まさに暗黒時代を迎えようとしている時なんです。

これは日本で言うと日ハムのやってる野球のようなもので、
そういうのが好きな人には共感もできるかと思います。

個人的に見所だったのは、パートナーの小デブちゃんが
成長していくところだったかな。成長って素晴らしい。

って、主人公がブラピだったことを一言も言わずに感想ってみました。



スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ホークス日本一 | HOME | カイジ2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。