楚材晋用(そざいしんよう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

漫才ギャング

品川・・・震災直後でなければ・・・惜しかったね。

手放しに大絶賛とはいきませんが、
それでも良作であったことには違いないと思います。

とまあ、レビューを書いても、
ほとんど公開終了してるし、
テレビでもおそらくは深夜の時間帯の放送になりそうなので、
観ようかな? と思う人は、レンタルが一番いい手段になりそうです。

主人公こそ、役者さんが務めていますが、
品川さんの人脈か、ほとんどが芸人の出演。

演技が下手だという感じは受けませんでしたが、
約1名が新喜劇のノリで演じていたので、
他の芸人さんの演技も、ちょっと・・・と思ってしまいました。

後ろのお客さん爆笑。
すげー笑ってました。こっちが普通に観てるときも。

一番よかったキャラクターは、
「佐山さんに言いますよ」とか言ってた敵方の一番強いやつ。
顔は知ってるけど、名前は覚えてない芸人さんでした。

あと、秋山うざかった・・・。


震災直後の公開でなければ、もっと伸びた作品だと思いますので、
興味があれば、是非。

次はガンツ。


スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GANTZ PERFECT ANSWER | HOME | あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。