FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

アサルトガールズ

押井守さんのアサルトガールズを観て来ました。

基本的に単館放映ということで、単館のメッカ2テアトルダイヤに
(メッカ1はテアトル新宿)に行って来ました。

昨日の夜、予約したのですが、

まず、午前中に一回放映になっていることに驚き!

もう放映されていたという実績だけで、DVD販売の方に力を入れているのでしょう。
それから、予約は夜の11時ぐらいだったんですが、

席が余ってた!

ウェブ分だけで10席以上。
当日行ったら、開始5分前でも余裕で座れたみたいです。
そんな感じで、あまり良くない作品という先入観の状態で観ました。


最初、少しボーッと観ていたのですが、

初っ端から英語、字幕。

うわー、意味わかんねー。って状態に陥る。
で、最初はおっさん(藤木義勝さん)登場。

「おねーちゃんは? アサルトのガールズは?」

と思いつつ、しばらくすると黒木メイサさん登場。
ようやく、この映画を観に来た気になる。

なんて書くと、どっかの風俗レポートのように聞こえる。


これは押井さんの作品全般に言えると思うのですけど、
映画が好きで、原作を網羅している人には面白いと思うんです。

映像ワークも上手いし、映画用に脚本もよく切られている。
けど、それ以外の人は、あまり楽しめないと思うんです。
とくに、私みたいにお話の筋が好きな人間とかには。

以前にもここで書いてますけど、押井さんの作品は肌に合わない。
けど、映像としてのインスピレーションはぶっち切りなので、
創作能力を上げるには、是非とも観ておくべきだといつも脳が唸ります。

あと、銃器が得意分野ではないので、そういうのの勉強にもなる。
(こういう作品って、戦争映画とはまた違う視点で観れるんですよ)

なもんで、あんまり絶賛というわけにはいきませんが、
公開日も残り少なかったので、観に行きました。アサルトガールズでした。


追記
菊池凛子さんの凄まじさを知る。
これはライアーゲームのほうで書くのがよろしいので、また後日。


では。


スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<この冬、二回目の風邪を引きました。 | HOME | 最近の予定(ブログに公開することの話)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |