FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

優勝してから、文句は言うべき!?

yahooにこんな記事が載っとりました。

まあ、生え抜き主体でじりじり順位を上げるしか手段のない球団なら、こういうのもわかるのだけど、
4位でも、観客動員数1位のチームの選手が(言っているのなら)言うことじゃないと思った。

たぶん、この記事を書いた人と、鳥谷の意見ががっちりと一致しているわけではないと思う。

>2003年、05年のリーグ優勝の功労者、今岡の“肩たたき”を断行。
去年、引退でもおかしくなかったと思う。
むしろ、今年の成績だったら、自分から引退を宣言すべきでは?

>貴重な生え抜き野手の藤本も慰留もほどほどにFAでヤクルトに手放した。
控えの代走、守備要員にいくら出せと?
ブラゼルが一塁に座る来期、平野と関本がいて、若手(大和)もいるのに、どうしろと?

>選手から「一時期の巨人以上ですよ。本当にこれでいいのか、この先どうなっていくのかも気がかり」と憂う声もあがる。
巨人が悪かったのは、投手なんかいくらでもいるのに、他球団の外国人やら、
FA選手やらを引き抜くだけ引き抜いておいて使わない。
また、
江藤→小久保は、江藤の前年の成績の悪さを考えれば、当然ともいえる処置だと思うが、
今の阪神でいうのなら、新井の後釜に外国人なんかを呼んでいるだろう。

それに、桜井や大和に十分な機会を与えている。
大和の今の打撃能力では、本来スタメンに名を連ねるべきではない。 それでも使った。
逆に桜井は来期のライトの定位置を掴むところまで来ているのでは? と思う。

>選手を取っ替えひっかえする“ヤンキース化”に生え抜き組の選手が疑念を持ちはじめている中、
>チームリーダーとなった鳥谷がチームの軌道修正へ立ち上がる。

だったら、去年、移籍組が不調になったときに、生え抜きが台頭すべきだったのは?

他所のチームが優勝する時と言うのは、ベテランが落ちた夏ごろに、
生え抜きの若い選手が代わりに出場して、
プレイオフの、そして、次期の定位置を奪っていくものではないだろうか?
(ロッテの堀→西岡。巨人の鈴木→松本)


これは選手に言いたいのではなく、記者の方に言いたい。

「阪神も負けじと大なたを振るった」ぐらいまでは、選手の気持ちを代弁しているからいいが、
その後の記事を球団側が読めば、「鳥谷は反骨的だ」と解釈し、
やがて、他球団やメジャーへの流出に繋がる。

記者は「闘う選手会長、無念の移籍」で、また記事に出来るからいいだろうが、
ファンからしてみれば、「むやみに煽るのは止めて欲しい」の一言。
少なくとも、選手の意見と、球団批判をいっしょの記事にするのは止めて欲しい。


と、まあ、今岡や藤モンのことを悪く言いましたが、
このブログを読んでいれば、私の阪神愛はわかると思うのでその辺は勘弁を。


「のだめ」は書けないままクリスマスになっちまった・・・
そんな夜に、会社より。                   虎舟


スポンサーサイト




野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | HOME | windows7>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |