FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

曲がれ! スプーン

最近、牡蠣がおいしくてしょうがないです。
一週間で、二十個ぐらい食っとるんじゃないでしょうか。
旨い! たまるかっ!



曲がれ! スプーンURL

を観に行きますた。

世間様には、「長澤まさみ、主演!」の方が主なのでしょうけど、
あちきは、小劇団が原作というのに惹かれて観に行きました。

タイムトラベラーズ(原作:ジョビジョバ)とか、
あちきがまだ学生だった頃には、日テレで深夜に劇団が放映されてたりして、
まあ、そんな感じでこういう話が好きなんです。

でも、公開二週目で公開数半減!?(錦糸町の場合ですが)
ひょっとして、ものすごくつまらないのかな? って思いつつ、
予約も前日深夜でいい席とれたし、
映画館行っても、ほどよく空いている。

で、そんな映画をどう評価したのかは、以下の評価にて。


お話しのあらすじとしては、

超常現象番組の担当AD(長澤まさみ)が、
ネタを探しながら歩き回った先に訪れた喫茶店(カフェ・ド・念力)に
集まっていたのは超能力者6人(うち2人は無能力)。

自分たちの平穏な生活を脅かされたくない能力者は、
なんとか正体がばれないようにしようとするが、
その度に起こるドタバタ劇。

とか、こんな感じ。


能力は、
透視(あんまり大したことない扱いされる。用途はエロ?)
エレキネシス(誤植にあらず)
サイコキネシス(これが一番役に立った)
テレパシー(一番、いい能力扱いされる)
テレポーテーション(じゃなく、時間を止められる)
といったもの。


上の能力が(多少、偏って)話に組み込まれて、それが笑いとなる。
こういう類の劇団劇を見たことのある人なら、わかると思う笑いがいっぱい。

演者のほとんども劇団(劇団ヨーロッパ?)の人なので、
下手なテレビの俳優より、演技が上手いです。

是非、映画で。とは言わないけど、
レンタルなり、テレビなりで、機会があったら見て欲しい。
そんな映画、凶がれ! もとい、「曲がれ!スプーン」でした。


スポンサーサイト




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世界で最も好きな選手へ | HOME | ブレイクブレイドがすごいことになっている件>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |