FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

落選

まあ、当然のようにさっくり落選しました。

講談社BOXの新人賞の話です。

前にも書いたように、投稿用の小説っていうのはこれが初めてでして、
なんか期日に追われて書くっていうのは、なかなか面白かったです。

今まで、「まあ、落ちて当たり前」ぐらいのことを言ってましたが、
どうやら頭の中では、Stonesぐらいはいけんじゃね?
と思っていたらしく、思っていたよりショックです。

でも、投稿してから数日で送ったことを忘れていたので、
天罰だと思うことにします。


今にして思うと、投稿した作品はまだ未完成で、
人に見せられる段階ではなかったような気がします。

それでも、一作品、長編を書くというのはやっておくべきことだと思い、
それで完成まで書き続けられるだろう、一番好きな作品を送りました。

本当はもっと書くのが上手くなってから作品にしたかったのですが・・・
うーん、第二回は見送ったりしても良かったかもしれない。

という想いが落選してからも、消えません。
それくらい彼らが好きです。

まあ、そんなわけで楚材晋用に載せるとかそんなことも考えてたりしますけど、
なんにせよ、もう一回書き直します。  しましょう。  すべきだ。



そうそう、それから、
POWERS受賞者の新沢克海さんて、第一回のStones受賞者ですよね?

第一回から二回まで2ヶ月しかなかったのを考えると、
その間に(思考を)修正して、意見を聞いて、書いて。

というのをやったんだとすると、本当にすごい才能なんじゃないかと思いました。

私なんか、次のネタはあるけど、意見とか言ってもらったとしても、
それを二ヶ月後に書き終えられる自信はありません。



で、まあ、次の話なんですけど、
とりあえず、LWの作業をこなさなきゃいけないんですよ。

スクリプトってやってみたかったんすけど、今はあんまり気が乗らない。

一先ず、話だけ聞いてみようと思ってます。

つか、他にもいろいろあるんですけどね。


他にも・・・

シナリオの鉄人
面白い企画だと思うので、参加しようとか考え中。

POWERS
三回はたぶん、スケジュール的に無理だから、その次。
年越しのころに修羅場を予定しておく。

9月の連休に実家に帰るんで、その時点で今考えてる話をいろいろまとめたいっすね。
ざっと上げて10ぐらい話のネタがあるんで。

でも、そんな時に「信長」「イース」「428」と困ったぐらいゲームが出る。うがが。


スポンサーサイト




日記 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<CANAAN | HOME | センコロール>>

この記事のコメント

お疲れ様でした。
やっぱり自分に言い聞かせているつもりでも
期待ってしちゃうものですよね。
悔しさをバネに……と月並みな言葉になりますが
めげずにまた応募されるといいかと思います。
文章力は書けば書くほど上がっていくという話も聞きますしね。
結果はどうあれ、これで本当にひと段落ついたかと思います。

あ、それから12日はよろしくお願いします。
2009-09-01 Tue 00:02 | URL | BBCross [ 編集]
お疲れ様です。
もしブログか何かに掲載されるのなら、是非読ませていただきます。
2009-09-01 Tue 00:09 | URL | 黒世改 [ 編集]
まあ、やりたいことはたくさんあるので、それらをこなしつつ、腕をあげてリベンジ! という感じですかね?

12日はチケットを見ると11:00とかなってますけど、13:00からなんすよね。
その辺、気をつけましょー。では、当日に~。
2009-09-01 Tue 00:11 | URL | 虎舟 [ 編集]
ゲームとかに書き直す感じのものではないので、上げるならHPの方にですかね。
でも、やるなら本格的に直したいとかそういう欲求もあるので、どうっすっかな? って感じです。

こっちは黒さんの作品を見てるけど、こっちは見せてない・・・。き、緊張です。うがが。
2009-09-01 Tue 00:17 | URL | 虎舟 [ 編集]
そういや俺、虎舟さんの文章一度も見たことねえな……どっかで見れますかね?
2009-09-01 Tue 00:27 | URL | 黒世改 [ 編集]
右のリンクの楚材晋用(本体)から入って、「物を書く」というところに入ると、一応あります。
プロットとか全然練ったものじゃなく、殴り書きしたものなので、あんまり見て欲しくないんですけど、「ネットは、恥のかき捨て」みたいな気持で載せてます。

近々、今書いてる短編を載っけるつもりなので、できればそっちを読んで欲しいという・・・
2009-09-01 Tue 00:31 | URL | 虎舟 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |