FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

悪の教典

久方ぶりに、連投だよー


まあ、あの原作をまるっと収めるのは無理な話で。

ただ、個人的には、「美也にはもうその時間は残されていなかった」
(漢字が出ないので代用)の部分が欲しかったです。
まあ、原作では美也はもっと活躍(?)するので、その部分も違うんですが。

あと、あの外国のシーンは、映画だけの人には良くわかんなかっただろうなー。
逆にカットした方がよかったような気もしないでもない。

逆にラストシーンの「もう次のゲームを始めてやがる」は、よかったかな。
あれを原作通りに別のシーンでやるのはちょっと違う気がした。

でも、To be continued はないでしょう(笑)


そもそも、貴志祐介さんの作品というだけで、
個人的には原作以上にはならないので、この作品はこれくらいで。

ただ、創作者として、同級生が死体になっていく中で、
最後に散弾を撃ち込まれる情景というのは、非常に参考になりました。



スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

のぼうの城

だいぶ前に見たんですけどねー。
最近、すぐ更新できんとです。



小説を読んだ時から思っていたことですが、この話は密度が濃い。

のぼうの城が映画になると聞いたときは、映画用のシーンが挿入されるのだと、
てっきりそう思っていました。
でも、ぜんぜん、そんなことにはならなかったし、加えて、
カットされたシーンもほとんどなかったのでないかと。

のぼうの城はおいておいて、この忍城の戦いは、
武勇に名高い甲斐姫のことを講談にして今日まで伝えられた物語で、
作品名は伏せますが、のぼうの城と同時期に、
甲斐姫を主人公にした同じ題材の小説もありました。

が、結果として売れたのは、のぼうの城。
まあ、甲斐姫の講談がマイナーになっていたというのもありますが、
日本人の歴史認識力の高さに感服します。
(もちろん、のぼうの城が面白いということでもありますが)
(外国の方、日本人は漫画好き=幼いと言いますけど、
軍記物化(パロディ化)した三国志と百年戦争しか認めない国の人たちに言われたくないです)

さて、この作品はかなりすごい役者さんを起用していますが、
今回着目したのは、上地雄輔さん(石田三成役)。
天地人で小早川秀秋(くしくも石田三成を死に追いやる人)を
やっていたときよりの成長っぷりが半端なかったです。

あと、この作品(原作を含めて)で残念なことは、
成が正当に評価されていないこと。
水攻めという小城を落とすには浪費にすぎる策を提案したのは秀吉で、
三成は一度、それを断っているという資料が残っています。
もちろん、それは三成の感情を表に出すための和田さんの演出なので、
史実通りならそれはそれで不満なんですが。。

なんにしても、見て損はない作品ですので、ぜひご覧くださいませませ。


映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

平清盛が終わって

かつて、これほど面白いドラマがあっただろうか?

これは大河や時代劇を超えて、賞賛されるべきドラマです。

平家を題材としたものとすると、池宮さんの「平家」があるのですが、
これとところどころ似ているなー。とか思ったりしたんですが。
(同時代の資料を使っているのだから、当たり前)


常盤御前の扱いとか違うので、男性と女性の書く視点の差かとも思いました。

実は、平治の乱の後、常盤御前は清盛の公然の愛人になります。
この辺が義経が清盛を「父」と呼んでいたとかいう話になるのですが。
実際に、常盤さんは清盛の女児を生んでいます。

池宮さんは、その辺を優しさで表現し、
藤本有紀さん(脚本)は、その辺を伏せて、女性の強さを表現されていました。


逆に、重盛に関しては逆の評価になっており、

池宮さんは、柔和すぎだが、経験もあるので後継者として適切として、
藤本さんは、もし重盛がいれば・・・ ということを出し過ぎなほど表に出して表現されていました。

なにより、演者の窪田正孝さんの凄まじさ。
平清盛で、窪田さんが最も飛躍された役者さんではないでしょうか。
特に、

「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」

副題にもなった、このシーンでの演技はこの作品の中でも1・2を争うものでしょう。


あとは、源氏主体の物語でもあまり語られない。
頼朝の最初の子供の話があったことが取り上げられたのはよかったですね。


さて、ここで清盛が失敗して、頼朝が成功した理由を考えてみましょう。
私個人としては、人事権によるものが大きかったのだと思います。

清盛は、天皇・上皇を把握して、あくまで朝廷経由で行おうとしました。
事実、それは成功したでしょうが、摂関家の抵抗と戦わねばなりませんでした。

頼朝は伊豆で隠遁生活を送っていましたが、
三善康信(未登場)という中央官僚とつながっていまして、
おそらくは彼の提案で、独自の人事権(守護など)を発行していったのだと思います。

余談ですが、鎌倉政権を安定させたのは、
三善康信、大江広元(毛利氏の始祖)、和田義盛らの政治の才能によるところが大きいです。(全員、未登場。むしろ次世代の北条氏を除いて、彼らしか政治の才能がなかった)

頼朝は、清盛の失敗や、おそらくは大江広元から中国の書物を得て、この発想に至り、勝利を手に入れます。
(炎立つでは、独自に海外貿易を行っていた奥州藤原氏から、発想したことになっている)
だから、守護を任命しているシーンがさっくりだったんで、ちょっと残念でした。


あー、それにしても今年は満足だったー!

あえて、触れませんでしたが視聴率なんて意味ないです。
でも、その影響か例年の最終回30分拡大がなくて残念でした。

そして、次回は承久の乱を主題に「北条泰時」を!
杏さんも政子役で乗り気らしいですしw!




大河ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |

エヴァンゲリオンQ

放映開始の次の日に観てきました。
(今頃、寄稿するびっくり!)
結論から言って、「序」「破」には及ばないだろうなという感想。

「序」も「破」も、かつてのエヴァンゲリオンがあっての物語でしたが、「Q」は誰も知らない物語で。
この15年間、討議されてきたそれとは違うものでしたので、時間という密度の差がでるかと。
ただ、カヲルくんファンには、より濃密なたまらないものだっと思われます。

本来、「Q」は最終章の「???」(シン・エヴァンゲリオン劇場版と今作で表記)と同時上映予定だけあって、「つなぎ」の作品だったのかもしれない。
なにより、「Q」という題名だけあって、新たな命題を暗示させる予定だったのかもしれない。(本来、序破急は歌舞伎の3部作の分け方であって、急は締めの幕なのだが)
そういうところが不透明なのが、エヴァらしいといえば、エヴァらしい。

さて、隣で見ていた友人は、伊吹さん(リツコの助手さん、名前がうろ覚え)の出番が少ないことを嘆きつつ、いろいろ核心的なことに気付いてました。
あー、なるほどなー。その理論には矛盾点もあるけど、それはエヴァなら補完できる部分だし、むしろ、あの細工はそのためと思えば、全てに合点がいくわけで。
まあ、「Q」観た感想が、「冒頭の実写版エヴァがよかったです」と、ジブリと出ていたにも関わらず、巨神兵だと気付かなかった会社の後輩みたいな人間が少ないことを祈るのみです。

個人的には、貞本さんエヴァ(漫画版)か、新劇場版のどちらかで、公式のシンジの恋愛対象がアスカであったという満足を残してくれる結末が描かれれば、もうそれで満足に至る気持ちでいます。

以下、ネタバレ含みの感想戦

エヴァンゲリオンQ…の続きを読む
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |