FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

るろうに剣心

個人的には、るろうに剣心が漫画の中で一番の傑作だと思っています。

で、そんな漫画の実写アニメ化。

あまり深く考えずに、ただ観に行ったのですが、観ていて要点だったのは、

飛天御剣流をどう表現するか

だったのかもしれませんね。

で、これはありだと思いました。
漫画のままで行くと逆刃刀で、がんがんやっていってしまう(当時、友人と「逆刃刀でも、あんな殴られたら死ぬよねw」と話していた)イメージだったんですが、投げとか蹴りとかあって、言ってしまうと「剣術に柔術を組み合わせた感じ」のものに昇華していました。
むしろ、実写ではこの方が映えたんではないかと。

で、細かい難点を上げていくと、

左之助の登場シーンがイマイチだった。
斉藤一の活躍が少なかった。
観柳の側近の2人がいまいち認識できなかった。

となっていきますが、その辺をクリアさせていこうとすると、斉藤一、ひいては江口洋介さんをカットしなければならなかったのかと。尺的に。

斉藤一も好きですが、江口洋介さんも大好きなので、その点はOK、OKということで。

ただ、最大の痛恨事は、続編を作る場合、香川照之(観柳)さんがもう使えないってこってす。





スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ダークナイト

結果から言うと、前作のダークナイトは越えられないでしょう。
それは多く人が、この映画をヒーローとアクションの視点で見るから。
それと、ヒースのジョーカーを越えることは、今世紀中には不可能ですからね。
(いや、オールドマンが今から悪役をすれば、もしや・・・?)

まあ、続き物の映画で、どれが一番かとか議論するのは楽しいけど、ここはそういう場ではないので、この作品の感想をば。

端的に言いますと、脚本が至上だった!

「ここが伏線だったのか!?」とか思う前に、「ここはどの辺りで回収するんだろう?」ってのを、張られた瞬間に考えてしまう人間になっているんですが。
最後で怒涛のように回収していく様を見て、どういう脳みそでこの脚本を下したんだろう? とか、感嘆としてしまった。
シナリオ系で映画好きな人には、たまらなんのじゃないかと思う。

しかし、あの鍵を失くしたところのシーン。あれはいるのか?
テレビ放送になったら、まずカットされそうな気がした!
ここだけ、大人の楽しみとかいうのなら、そこは失点なような気がしました。

で、これは完結篇でいいの?


映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コードギアス亡国のアキト

見てから、大分経っちゃった。てへ。



コードギアス亡国のアキト

この映画のエンディング曲である坂本真綾さんの新曲を聞いた。
だが、テレビCMで聞いていた印象とは、ちょっと違っていて、「これは買ったのミスったかもしれない」と思っていた。

しかし、エンドロールとともに流れてきた曲は、
”心の根っこを根こそぎ持っていくような衝撃を与えてくれた。”

これは曲だけでなく、「映像・脚本・歌」の全てを統合して、1つの作品なのだと思い知った。

J-POPを好きな人なら、2次元3次元に関わらず、映像で曲の印象が変わるというのはわかるだろう。
しかし、このエンディングは、1時間余りの作品の流れを汲んだうえで、「これでどうだっ!」と最後に追い打ちをかけてくる。
正直なところ、最後の最後で持って行かれてしまったのである。


と、のっけからエンディングの感想を書いてしまったわけですが、もちろん本編の感想もあります。

初っ端のロボアクション。3Dでモーションキャプチャーしたというのを推したいのはわかるのですが、きゅるきゅるしすぎて、目が疲れた。

主人公のギアスがなにかわからなかった。
加えて言うと、主人公が頭脳派なのか、肉体派なのかもよくわからん。(ここでいう、~派というのは、主行動としてどちらかということ)

それにしても、ヒロインの周りの男どもが、ヒロインの体を狙っているように見えてしまうのは、どうしてだろう?
それは、きっと、あのわがままボディに魅せられたからなんだろう・・・。





映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |