FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

矢野

ブレブレの感想を書くつもりでしたが、
なんやかんやであっという間に週も後半に。

そんなわけで、阪神が痛恨の敗戦をした日に、
矢野選手が引退しました。

なんていうか、すさまじい現役生活でしたね。

久慈、関川という、将来性のある選手と
引き換えにトレードで入ってきた時は、
捕手が足りないから、取ってきたのだろうと、
いっしょに来た大豊の方に注目していたことを覚えています。

木戸選手の現役を知らない(覚えていない)私は、
阪神の捕手と言ったら矢野選手しか知りません。

今の阪神は、全て彼が入ってきたときから始まりました。

なにより、精神的な支柱であったと思います。
そんな矢野選手の引退を惜しみつつ。

で、
和田さんの次ぐらいに監督だな。
その時は、レッドがサードコーチャーにいてさ。

なんて、夢を見ます。




スポンサーサイト



野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第3回 同人サークル(以下略)麻雀大会

同人ソフトサークルのはちみつくまさんで、
第3回 同人サークル(以下略)麻雀大会があるそうです。

参加して―――!!!

でもね、徹夜ができないんです。
不眠障害で、医者から止められてて。

あと、タバコもくもくだろうなあ。
タバコがダメで、麻雀で食っていくことを諦めたからなー。

会社、辞めてたら、
一週間ぐらい体調悪くなること覚悟でやるんだけどなー。

賭け事じゃない麻雀、やりたい!



ブレイクブレイドを観てきました。
悲しいぐらいのへまをやりました。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マートンが200本、安打とか

マートン選手が200本、安打とか。
阪神の選手が200本とか、全然考えたことがなかったので、
すごく、驚き!

残り試合が10もあると考えると、
210本を越えるんじゃないかとか期待!
あと9本、ガンバ!

優勝は、おととい、昨日の連敗が痛かったけど、まだ、いける! 
最後まで! 最後まで!



三ノ輪日記

たい夢が10月で閉店とか、ショック!

少し前だけど、やよい軒できた。
最初は安いと思ってたけど、食べたいものを食べると
結構な値段であることが判明! イタイ。

日曜日じゃない八百屋さんで、さるのこしかけ売ってた。
5万円とか! たけー!


今週、休み多くて楽だったなー。
まだ、1日あるけど。



野球 | コメント:0 | トラックバック:1 |

龍馬伝 第3部

第2部を書いてないのですが、3部書きます。
2部のところは、「おーい、龍馬」が圧倒的に良すぎるので!


内蔵太があんまりだったなあと。
今回の大河でしか知らない人だと、
ただ、大声の人みたいなイメージになるでしょうけど。

本当は、長州軍に参加したりして、かなり歴戦の人なんです。

吉村寅次郎(土佐藩)が出て来なかった時点で、
天誅組(禁門の変のときに、いっしょに挙兵)も
出て来ないんだろうと思ったんですが、案の定でした。
(おーい、龍馬だと、ここで内蔵太が初登場する)

船の沈没の話は、海軍経験のない内蔵太に
操船を任せてしまった龍馬の失敗。

まあ、内蔵太の名前が大きすぎたのが要因なのですが。

という、3分というより、内蔵太の感想。


それから、もうちょっとで高杉さんが死ぬわけですが。
いつか、吉田松陰→高杉新作→伊藤博文みたいな大河やってくれないかなー?
馬関の奇跡より、功山寺決起だよ!

あと、長岡謙吉とか、誰がやるのだろう?
(長岡謙吉は龍馬の秘書だった人です)
未登場で、これは! ってのは、あと彼ぐらいかなあ?



大河ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょっと、おかしくないか? 民主党

幹事長に岡田さんとか、枝野さん解任みたいな感じになってるけど、
民主党は正気なのだろうか?

この前の選挙、負けたのは小沢さんのお金の不信感から、
民主党も結局、自民党といっしょか!
ってわけで負けたわけで。

全部、悪いのは小沢さんでしょ?

あそこで幹事長辞任したのは、
総裁選で負けても、自分の不利な幹事長を選ばさないためじゃない?
と勘繰りたくなるような、絶妙なタイミングだった気がしてならない。


それから、鳩。もういらない。

基本的に裕福な家の出の政治家って信用してない。
細川内閣とか、本当に嫌だった。


あと、マスコミ。

総裁選の報道、小沢さんに寄りすぎ。
インタビュー受ける人たち、みんな小沢さんが総理になったら?
って話ばっかだったじゃない。

マスコミが小沢さんが総理になった方が、
それでお金の問題とかで、騒ぎにできるからやってんの?


もっとさあ、みんな、この国のこと考えようよ?



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

IGDA 同人インディーゲーム部会 第7回

副題は、
「実践事例から学ぶプロデュース・PR術-手に取ってもらえるテクニック」

うーん、あんまり手に取ってもらえるテクニックではなかったぞ?

前回、あまりいい席がとれなかったので、
今回は早めに行ったのですが、

予想以上に空いていた。

んです。7割ぐらいしか人がいなかった。席ガラガラ。

原因は、6回から時間が空いたからじゃないかな?
なんか、コミケの情報とか収集してて忙しかったそうです。

では、内容をば。(敬称略)



樺島栄一郎(えいの字は、ちょっと難しい感じなので略)(相模女子大学
「日本のポピュラー音楽に観るインディーズの成立条件」

なんか、同人ゲームというよりは、
同人音楽の話でした。ので、割愛。



鮎澤慎二郎(株式会社 虎の穴)「インディーズ作品だからこそ出来る事」

現在、2000タイトルを取り扱っているそうですが、
毎週50タイトル入って、次の週にはまた50入るので、
前のは返却しているそうです。→返却とかされるんだー

これからのインディーズ作品の可能性は、
そもそも、欲しいからといって、作品が手に入るか
どうかわからない世界だったが、
メジャーが落ちて、インディーズが維持したので、
インディーズの方が注目されてきたそうです。
(鮎澤さんの個人的な感想です)




山本大輔(もえCDプレス
「同人ゲーム制作支援からの四方山話2」

結構、いろいろメモしたので、ざっと書きます。

コピーとプレスでは、2・300枚では、コピーの方が安い。

作品を手に取ってもらう方法。
・マーケティング
  コミケ 550サークル前後
  コミティア オリジナル(二次創作なし)

・スピード&タイミング
  制作スピードとサイトの更新スピード

・インパクト
  過去ゲームシステムのパロディ
  制作者自信のキャラクター
  ジャケ買いは必ずある

・継続性
  スキルアップとコミュニケーション
  名前と作品を覚えてもらえる

・適正価格と生産枚数
  もう少し安かったら売れるかも?
  →安すぎて外れかも? と思われる。
  もっとも重要なのは、「価格」と「生産枚数の読み」

・補足
  新作パッケージに旧作情報を載せる

・最後に
  出してみないと始まらない!
  失敗を正しく分析!
  出会いを大事に!



高野恵介(株式会社TGL企画
「商業視点から見た、同人と商業の違い」

今回は高野さんが一番笑いとったかな?

通販の台頭。全体の3割+α
即売会で10,000本は捌けない。店舗さんにお願いすることになる。

※販促ロードマップ(要は、販促の予定表)
(後日、HPに公開するそうです。現地では、小さくて見にくかった)
 ①営業、即売会
 ②雑誌記事、広報
 ③イベントキャンペーン
 ④web関連

企画について
 コンセプト
 セールスポイント
 ターゲット

総括
 価格面
 販促面
 企画面



寺月恭一(FLAT
「同人、商業を通し、13作品の制作で学んだゲームの売り方、作り方」

元々、同人やられてて、商業に移行されたところのようです。
ただ、話を聞きいってて、あんまりメモしなかった・・・

責任感!(なぜ、この一言を書いたか不明・・・)

10か月で最初のソフトを作成。
当時、500枚プレスでは売るたびに赤字。

500円、1000円のソフトが並ぶ中、
当時、2000円台は厳しかった。

商業始めて、最初の2年間、手取りで8万!
(正直、いけると思った)



ディスカッション

それぞれの最小ロット数は?(これが一番聞きたかった)
 虎の穴  300枚       (委託最少量。ただし、3枚からでもOK)
 もえCD 1000枚      (儲けの目安として)
 TGL  3000~5000枚 (商業の目安として)
 FLAT 8000枚      (FLATさんの目標として)



虎的総括

今回、もうちょっと売り方のハウツーみたいなのになるかと思ってたんですが、
業界話になりましたね。(IGDAのデフォですね)

でも、儲けを考えるなら、年商2000万~を計算しないとと
思っていたので、正直、少し光が見えてきたような気がしました。

そういう部分が聞けたことは大きかったです。
以上!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

踊る大捜査線3

明日、IGDAの記事を更新すると思うので、
その前に、ちょっくら更新。踊る。

なんか、長かったなー。
という不満の残った作品。

その後に観た、アリエッティより、飽きが早く来ました。

犯人、勢ぞろいって聞いてたから、マギー期待してたのに!
と思ったら、9係で出て来て、懐かしー。

なんていうか、岡村いらない。
2の時から、思ってたことだけど。

別に笑えないし、大きな笑いとして持ってくる必要ない。
まあ、あれは、岡村だから、大きくしなきゃいけなかった感じで。

例えば、オリラジ辺りだったら、
さくっと、おもしれーっていう、
小さな笑いとして、良いものになった気がする。

総じて、話の筋は面白かったんですけどね、
踊るの大事なお笑いの部分がそこで壊れたような?



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

星が瞬くこんな夜に

魔法使いの夜のエンディングテーマ、
「星が瞬くこんな夜に」
をONEリピートで聴いております。虎舟です。

この曲は、ご存知、supercellさんの楽曲なのですが、
なんか、すごく懐かしい気持ちで聴いております。

その昔、もう10年以上前ですか、
岡北有由という女性アーティストがいまして、
その人の曲とすごくよく似ています。

出だしとか、歌詞とか。

まあ、音楽の専門家じゃない私のうろ覚えの記憶との
すり合わせなので、知っている人は、
「全然、ちげーよ!」って思うかもしれませんが、
そんな感じなのです。



雑多な話。

1.
踊るの感想を書いていません。
なんか、微妙に面白くなかったから?

2.
鬱の症状がまた濃くなってきました。
若干、同人活動に精を出しすぎたから?

3.
仕事を辞めるということについて、
いろいろ考えている。
生活ギリギリでもいいから、
挑戦できる時間があるところで働きたい。

総括して、
疲れてます・・・



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |