FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

天地人 その6

最後まで見た。

豊臣が圧倒的にいいように描かれていて、笑った。
まあ、徳川がよかったとも思わんのですけど。


それから、ところどころ、歴史の間違い(意図的にしたもの)がありました。

国家安康、君臣豊楽に目を付けたのは、以心崇伝だったと言われています。
(まあ、林羅山や南光坊天海らのブレーンも関与していたでしょう)
なので、遠山なんたらの発案ではないです。

千姫救出。
これは坂崎直盛がしたものとされていて、近年ではそれも後世の創話だとされていますが、
まあ、なんにせよ、兼続や幸村は関わっていないです。

大坂の陣の是非。
天地人では、家康が好戦。秀忠が非戦でしたが、事実は逆だったそうです。
秀忠という人物は当時、戦が下手というか、ダメだという印象を諸大名が持っていました。
これは関ヶ原で真田にいいようにやられたからなのですが、
そのイメージを払拭させるために、そういう強さというものを見せなければならなかったから、
と私は解釈しております。


真田幸村

あとは、あんまりピックアップされてなかった幸村の活躍。
幸村は冬の陣で、真田丸という出城を築きます。

これは大阪城から突出するような形の砦でして、
西洋では鉄砲や大砲が攻城戦の主流になってから発案された防衛戦術です。

日本では、この戦の後、250年ほど(島原の乱を除く)戦がなかったので、
この対大砲用の出城を考案したのは幸村だけとなります。

まあ、幸村の独創というよりも、彼の父である昌幸の発案であるかと思うのですが、
(私は戦国時代で一番の戦の天才は昌幸だと思っています)
それを実行した幸村の才能も推して測るべし。かと思います。

幸村の話で長くなりますが、夏の陣では、
外堀がない状況では出城の意味がないと判断し、茶臼山に陣を敷きます。

誰の本で読んだか忘れましたが、夏の陣に於いてここが唯一敵本陣を狙える位置だったそうです。

そして、幸村は家康の本陣を三度も突き崩して、その度に家康を潰走させるという
すさまじい戦いぶりをすることになります。

こうして、彼は伝説となり、現代の腐女子の方々を喜ばせているわけです。


直江兼続

ソースをよく知らんのですけど、途中で妻夫木さんじゃあダメだという話が上がったそうですね。
それを知ったのは、その話が出てから大分経っていたのですけど、

バッカじゃなかろかと思った。

十分です。いやさ、新鮮な演技で、かなり良かったです。妻夫木さん。

もう、時代劇はこうじゃなきゃダメだとか、そういのは勘弁。
その時、その時ごとに、演技は新しくなるし、歴史解釈も変わっていく。
時代の変遷というものを見極めて、その上で古くてもいいものを残していこう。
とそう思うのです。


最後に、天地人の舞台背景は、(私にしては)知らないことがたくさんあって面白かった。
特に、御館の乱と加藤清四郎くんのブレイクは印象に残っております。

それから、来年は龍馬伝。再来年はお江。と決まっておりますが、
そろそろ、戦国と幕末以外の時代、そう、南北朝なんかいいんじゃないかと思うのですよ。NHK。

そして、来月。
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」がやります。

原作は歴史小説の神様、司馬遼太郎。
登場人物は、
革命の俳人、正岡子規を香川照之さん。
日本騎兵の父、秋山好古を阿部寛さん。
そして、日本近代戦術における唯一の天才、秋山真之を本木雅弘さん。

坂の上の雲は三年に渡ってやるそうなので、
今年はたぶん、子規の最期ぐらいまでやるんじゃないでしょうか?

うおおおおお、楽しみだぜー。と吠える。


つか、長々と書きすぎた・・・



スポンサーサイト



大河ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |