FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

センコロール

これは面白い類の映画ではない! すごい類の映画だ!!

センコロール

行って来ましたテアトルダイヤ。
二日前に予約して残席1ケタ。
予約した時に提示された席を見てた時から気付いてたんですけど、ダイヤのシアター2は狭い

たぶん、50人ぐらいしか入んないんじゃないですかね?
スクリーンの横幅しか、映画館の横幅がないという・・・

そりゃあ、連日満席だわ。
今日も、20世紀少年を見る都合で四時ぐらいに到着したら、満席の案内が出てました。
おそらく、当日に行っても観ることはできないと思います。

いや、パンフ買ったんすよ。600円。
表紙の絵に魅かれたというか、元々パンフ買わない人なのに、空の境界からなんかネジが外れてます。

このアニメ、単館でときたまやる30分映画というものなのですが、
驚いたことに、宇木敦哉というクリエーターがたった一人で制作してます。

一人? ばんなそかな!?
という感じですが、もちろん声優さんとか音楽とかは別の人ですけど、
一人でと形容するのにふさわしいぐらいのことやってます。

その昔、新海誠さんが「ほしのこえ」で同じことをやりましたけど、
はっきり言って、それを超えたと言わざるおえない。

そんな作品だと思います。
(宇木さんについては、また後で)


センコントロール?
最初、そう呼んでたんです。だって、英題「CENCOROLL」なんですもの、
そう勘違いしたりしません? ・・・あれ? しないの・・・あらら・・・


ryo(音楽)
MX観てる人なら、CMを聞いたことがあると思うのですが、
この映画の音楽はとてつもなく良い。

はっきり言って、この音楽で観る気になりましたもの。
(CMはHPのTRALERを観て下さい。きっと、みんな「ああ、あれか」と思うはず)

でも、あのCMの音楽って映画じゃ流れないんすよね。
じゃけんども、エンディングテーマもすごく良かった。

たぶん、サントラ出たら買います。


ユキ 主人公。
他人と違う価値観を持った彼女。
最近、行動的なヒロインを観る機会が多いのですけど、そういうの好きです。

テツ センコの相棒? 主? マスター?
虚脱系の男主人公。
いる価値はあるのに、あんまり活躍しない主人公? そんな感じです。

センコ
こいつがかわいいとか言う人たちの気がしれない・・・

シュウ 敵役
目的がわかんないんで、彼が悪役かどうかもわかんないんすよね。
むー、評価がむつかしい。


30分という尺に見合った映画
はっきり短いその時間には、冗長な説明とか、明確な終わりとか、そういうのは必要ないんです。
実際、ないんです。

もし、他のレビューで「そういうのがないからこの映画は・・・」というのを見たら、
その人は映画がわかっていないんだなあ。 と思って下さい。
(それ以外の批判とかつまらないという意見は別の話です。そういうのは映画の感想として正しいと思います)

私は、この映画はこの尺で良かったと思います。
そして、続編もしくは完全版が観たいと思いました。


宇木敦哉=モンスター
1秒8枚×27分=約13,000枚!?

ありえねー。この話を聞いた時、宇木さんという人はモンスターだという印象を受けました。
そして、観終わって、さらにそのイメージを強くしました。


映画を観た時間よりも、その感想をブログにあげる時間の方が長いなんて、面白い。
(もう、パンフを読みながら、一時間ぐらいかかってる。ケラケラ)

今までしつこいくらい言っているように、30分という映像なので、
映画館行ったり、DVD買ったりして観ましょー。というものではないのですが、
レンタルされて、あまつさえ特集とかで安くなってたら観ません?

とか、そういう作品。

なんか、そろそろブログに写真とか載せたいんですけど(パンフの表紙とか、ここで紹介したかった)、そういう機能を持った現代兵器を持ってない。
携帯は画質ぼろいし、デジカメ買うしかないのかな?

うーん、なんかDVD買っちまいそうな自分がいる。


追記
あ、そうそう。これ書き終わった後に、センコのブログを見てたら、
「いよいよ本日より公開」の題のところに、パンフの表紙が載ってました。
これ、よくないっすか?



スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |