FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

特報!

講談社BOXの雑誌、パンドラ Vol.4 発売延期!
じゃなくて・・・

劇場版 Fate/Staynight 決定!!

公式サイトはこっち
いやさ、なによ。全然知らんかったよ。うようよ。

まだ、なんの情報も上がってねーのですけど、どうする!?
いや、全然観に行きますけど!
うがー、テンション上がってきたー!

で、このせいでDDDの発売が遅れたりすんのかな?



スポンサーサイト



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

一段落ついて

空の境界の総集編だとかなんとかが、

劇場版「空の境界」特別番組 -全七章の軌跡-
TBS 8月2日(日) 25時20分~26時20分

に放映されるそうです。
TBS! TBSですぜ、旦那!

初日舞台挨拶は多分無理だろうから、七章公開前にそれで悶えるぜ!



POWERS の原稿出してきますた。
こういうところに投稿するのは初めてだったのですけど、
これで本当にいいのだろうかと、すごく思った。

指定の書式にすると、300ページあまり。
クリップは3つ使わなきゃいけないわ。
最初に買った封筒には入らないわ。

最後の最後で手間取りました。
というか、このフォーマットであってるのかが心配になったという・・・

あー、それから、目次とか付ければよかった。
「よろしくお願いします」の一文でも付ければよかった。
あのシーン、書き直してーとか、今頃後悔してます。


なんか書き終わってみると、お祭の後みたいな虚脱感。
まだまだやりたいことはたくさんあるのに、
やる気はしなびた向日葵のようにない。

しばらくは、ゲームにでも逃避しようかとか、そんなことも考えてたのだけれど、
この襲ってくる感傷は、どうしようもない!

というか、この作品もう二年も試行錯誤してるんですよ。
あたしゃ、設定とか知りに知り尽くしているけど、
それがちゃんと説明できてるのとか心配。

でも、読み返してみて、意外と話が破綻してなかったです。
あくまで、初心者のレベルで見て、ですけど!

次は、サマーウォーズ観る予定。



日記 | コメント:6 | トラックバック:0 |

書き終わったぜ、こんちくしょー

先週の水曜日に終わってるだろうとか、そんなことを言いながら、
ようやく、やっと、なんとか、どうして、書き終わりました。
自小説。

原稿用紙換算枚数587ページ。

編集の人って大変ですね。
こんな低レベルの作品をこんな枚数、50~60人分読むんですから。
(低レベルなのはあちきだけかもしんないけど~)

推敲とか途中、途中、やりながらやってたんで、時間がかかったんですけど、
実質、書きは二か月? まあ、よくやったんではないかと・・・

これから、最後にもう一回推敲と、フォーマット替えしたりして、
清書をしたいと思います。

いや、本当に長かった。

とりあえず、自分にお疲れ様です。



ランス2。リメイク決定!

ドンドンドン、パフー、パフー、ドンドン。

正確にはリメイクという表記はしないそうですけど、
志津香とか、マリアが初出の作品ですぜ!
エレノアとか、ミル、ミリなんて鬼畜王でしか知らねーぜ!

年末ぐらいに出るといいなー。出ないかなー?



CANAAN と 化物語 が上手く表現できないけど面白いです。

これはまた後でここに書きたいと思うのですけど、
おいらは絶賛するけど、おいらは両原作ともファンだかんね。
自分で見て面白くなくても、文句は言いなさんな!



日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ラストスパート

自小説もいよいよラストスパート。

予定では、金土で脱稿。
日曜日に推敲とあらすじやらなにやら。
と脳内では完成しています。
(いっとう最初は、水曜日に終わるとか言ってのにねw)

そんな自小説ですが、もうじき原稿用紙換算枚数が500枚を突破します!

当初の予定では、多く見積もって500枚。
まあ、そんなにはいかないだろうとか思ってたのに、
今にして思うと、あんなシーンやら、こんなシーンやら、全部カットすべきだったよね。

反省、反省。

まあ、そんなこんなで朝から書き始めてるんですけど、
糖分を摂取しようと、くずきりを朝食にしたら、体調悪くなった。
朝飯って、体が受け付けないんですよね。 体、だる~。



それから英伝ガガープトリロジーは、最初は朱紅い雫じゃなくて、白き魔女ですね。
あやうく、順番間違えてやっちまうとこでした。

え? 手を出したのかこの馬鹿野郎って?

・・・あー、いや、お風呂の中でちょろっとね。



日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

なんかもう自分が嫌になる

POWERSぼちぼち書いてます。
嘘です、あんまり思うように進んでません。

先週の平日から、調子が上がらなくて、
三連休に前に書いたところ手直しとかしてたら、
いまだに連休前までにやっとこうとか思ったとこすら終わってない!

絶望しました。

書いてると、どうにも自分の才能のなさに↑するんですよね。
気分転換に他の人の作品とか読むと、ようけやるせなくなる。

でもとにかくだ。面白くなくても、終わらせなきゃ意味がない。
むしろ、期限があるのだから、指標があるんだから、頑張れるだろう。
頑張れ、自分。

まあ、とにかくこんなこと書いて、
背水の陣、敷いてみようとかそんな作戦。

早く終わらせて、朱紅い雫やりてー。



そんなわけでPSP買うことにしました。

理由はFalcomがそっちに移るだろうという推測と、
(私は日本で一番面白いゲーム会社はファルコムだと思ってます)

英雄伝説Ⅲ~Ⅴ、俗に言うところのガガーブトリロジーが、
PSPで出てたので、近所の中古屋でソフトだけ先に買いました。

本体はいい色がなかったんで、秋葉原にでも繰り出して買おうと。

でも、まあ、終わるまではやらないという自制心はありますよ?



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

エヴァンゲリヲン 破 その2

来週1週間、夏休みをとりました。
理由は、知ってる人は知っているので語りませんが、
ラストスパート、頑張ります。

まあ、水曜あたりには終わってるつもりなんですけどねー。



「破」の公開からおよそ3週間が過ぎ、周りもほとんど観終って来たので、
そろそろ「破」に対する胸の内を、吐き出したく思います。

ネタバレ無し(少なめ)の感想が見たい方は、こちらで。

そんなわけで、追記。 書いてみたら、長くなりました。

エヴァンゲリヲン 破 その2…の続きを読む
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

シャングリ・ラ

またまた、同人ゲーム部会の話から始まります。虎舟です。

ちょっとブログを見返していたとです。
そしたら、やってはいかんことを見つけたとです。

すいません! リンクを一切張ってませんでした!

いやー、完っ全に忘れてましたね。
これじゃあ、興味も持った人は、いちいち打ち込んだりしなきゃ、
各所に行けなかったという。

あはは、ごめんなさい。

というわけで、リンクを張りましたので、
今から見られる方は飛んで、飛んで、飛びまくって下さい。

ちなみに、個人的には EasyGameStation さんのHPがお気に入りです。
というか、普通に上手いのです。



シャングリ・ラ

シャングリラと聞くと、昔の elf さんのギャルゲーを思い出すのですけど。
当然のように、全然関係ありません。

実のところ、このシャングリ・ラというアニメは前期から始まってまして、

キャラクターデザイン : 村田蓮爾

という、ただ一点突破で見ることにしました。

この村田蓮爾さんというお方。
若い世代の人に話を振ると、「有名な人なんですか?」という
暴力にも近い答えが平然と返ってくるのですが、

我々30代前半のちょいと尖った漫画好きにはからすれば、

村田蓮爾 安倍吉俊 冬目景

というのは、御三家ともいう方々で、あたしゃは冬目景派ですけれども、
お三方とも好きなのでございます。

とまあ、語りましたけど、快楽天やウルトラジャンプの表紙で有名な方。
というのが一番手っ取り早いのかもしれません。


あらすじ (ほぼウィキペディアより)

21世紀半ば、止まらない地球温暖化に抗するため、国連はかつての
京都議定書で取り交わされたCO2削減幅を大幅に上回る議決を強行採決する。

結果、経済市場は株価から炭素へ移行された。

M7.5の第二次関東大震災が発生し、都市機能が完全に停止した東京都にも、
炭素税は容赦なく課せられた。

東京再生計画を打ち出した都は、アトラス計画を発動する。

しかし、都民全員が移住するはずだったアトラスに実際に用意されたのは、
350万人分のスペースだけだった。

森林化により街は森に侵食され、その結果難民が続出した。

富裕層と貧困層、格差を産んだこの計画に
反政府組織「メタル・エイジ」の総統・北条國子(主人公)が立ち上がる。

しかし、アトラス計画には別の目的が隠されていた。
アトラスランクの真の意味とは!? “後継者”とは!?

要は、貧困層のゲリラが、富裕層の政府に楯突くというお話です。


北条國子(主人公)
まーあ、いい子です。まっすぐ過ぎて眩しいぜといった感じ。
グランディアといかこういう感じの子を主人公にしたお話は大好きです。
ブーメラン、ブーメラン、ブーメラン。チャムチャムのことじゃないです。國子の武器の話です。

モモコ(主人公の母親代わり)
オカマちゃんです。でも、そんなことよりも、そんなオカマちゃんを
中田譲治 さんが声をやってらっしゃるというのが驚きなのです。
中田さん、すげーなーとただただ感服。

美邦(みくに)
無邪気な子供。嘘をついた相手を殺せるという能力の持ち主。超能力者?
この子の一派が和服なので、いまいち近未来が舞台だという気がおきません。

石田香凛
10歳にして大学院まで修了しMBAも取得している天才。裏で炭素経済を牛耳る。
シリアス担当にして、ギャグも担当。シャングリ・ラは香凛の成長物語(嘘)

草薙国仁
登場キャラがほとんど女性なので、男の主人公的位置を独占状態というキャラ。
作者が西尾維新さんだったら、ハーレムをつくっていただろうという代物。

池上永一(原作)
この方のことはよく知らなかったのですが、ここまでアニメを見てみて、
原作読んでみようと思いました。
むしろ、原作の方が重厚ではないかと思います。(勝手な予測ですが・・・)

キミシニタモウコトナカレ
may'n さんのオープニングテーマ。
4月期のアニメで、唯一買いました。サントラ版ですけど。
つか、シングルがどこにも売ってない。
これを聞くだけでも、価値があると思います。そんな、シャングリ・ラ見ましょー。



テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 |

さらば、太陽

カウンター数のこと

同人・インディーゲーム部会をブログに上げると、カウンターが跳ね上がる。

うちは、走り書き程度のメモを元にちょいちょいと感想書いてるだけなので、
見に来ていただくと、大変申し訳なく思う。
余所様なんか事細かに書かれてるからね。

けど、よかったら、部会の時だけでもいいので、覗いてやって下さいまし。(_ _)



さらば、太陽

現在の阪神の低迷もあれなのですけど、藤田太陽選手がトレードで放出されました。
太陽選手は、私がファンになってからドラ1で入ってきた選手だったので、
改名した時とかも、頑張れよ。 とずっと思っていたので、やはり寂しいです。

太陽選手の特徴は、150キロ台の直球と、プロに入ってから結構増えた球種。
何故もっと出番がないのかと不思議に思ったりしたのですが、
阪神のリリーフ陣は直球派が揃っていた(JFKとか)ので、
それ以外の中継ぎ陣は、軟投派の投手を選んだからかもしれません。

西武では、中継ぎ、抑えとして起用されるようなので、
ロッテにいった橋健ともども頑張って欲しいです。

替わりに入った水田選手。
守備が上手いという印象があるのですけど、他のことはよく知りません。
関や藤モンの後継として考えてるのですかね?

数年前の巨人じゃないですけど、阪神も世代交代の時期に差し掛かっているのでしょう。



あ、「シャングリ・ラ」の感想はまた後日。



野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第二回 同人・インディーゲーム部会

いろんなわけで、
IGDA日本 同人インディーゲーム部会(SIG-Indie)
第2回研究会「ゲームデザインとメイキング」
に行ってきました。

今回は、先日LWを電撃退会したBBCORSSさんと。
まあ、辞めちゃっても仲良くできる分にはしたいさね。


第一回もぐだぐだとこのブログに載せたのだけれど、
まさか余所で紹介されるなんて思ってもいなくて、
ほとんど内容に触れませんでした。

その辺を反省して、今回はちょいと内容にも触れようと思います。


muracha(EasyGameStation)さん。
副題が「画面作りから見るゲームメイキング」ということで、
実際に作られたゲーム画面を出して説明してくれたのですが、
同人のアクションゲームってここまでやれるのですね。
普通にすごいと思いました。

それから、制作の最初に疑似画面を作られていらっしゃって、
実際にその画面を見たのですけど、
こういうことができたら、わかりやすいし、楽しそうだなあと思いました。


isao(神奈川電子技術研究所)さん。
神奈川なのに関西弁! という、驚天動地で始まるプレゼン。

まとめると、
・プログラマが制作の中心になる。
・納期を決める。
・作っても作らなくてもいい箇所を最初に決めておく。

主にプログラマが重要だなと思いました。


小川幸作(チームグリグリ)さん。
ミドルウェア(ツール?)を作りながら制作する。
汎用性がなくてもいい、その制作に対する作業効率を上げる。


OMEGA(OMEGA)さん。
制作とは、テストプレイヤーとの試行錯誤。
テストプレーヤーの指摘するエラーを修正しながらの制作。


総じて、第一回の方も含めて、頓挫しないように工夫しているな。と思いました。
自分も制作していて思うのですが、同人にはモチベーションの維持が
一番重要だと思います。

それから、人が前回より多かったんですかね? 
途中、熱気(?)でプロジェクターが壊れました。
まあ、こういう集まりではよくあることでさあ。

というわけで、一部自分の言葉で書いてしまってますが、
こんなところが私の感想でございます。



びびくろさーん!
サントラの「キミシニタモウコトナカレ」二番入ってたよー!

というわけで、次回のブログはアニメ「シャングリ・ラ」!



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

東京マグニニュード8.0

高校時代の友達が結婚することになりました。
これで、未婚なのは、あと二人。

ネット中毒が先か!?
今更、職種を代えようとするバカが先か!?
デットヒートの行方は、たぶん、10年ぐらい先の話でしょう。



「キミシニタモウコトナカレ」
という、シャングリ・ラのオープニングテーマのCDを買いに近所のショップへ。

may やら may’s やらのCDはたくさんあるのだけど、
肝心の may'n は置いてない。

土曜に遠出するので、それでも入手できなかったら、ネットで買おう。



東京マグニニュード8.0

ノイタミナアニメとして、昨晩、第一回が放映されました。

いや、これ、思ってたよりもいいんじゃない。
というのが、一回だけ観た感想。

主人公が、驚天動地の体験をして、それを乗り越えていくという話は数あれど、
本格的に、普通の主人公って言うのは久々な気がする。

親だったり、弟だったり、学校だったり、そういったものに不満は誰しもあって、
第一回は、主人公のそんな不満を吐露する話で、
ラストに地震発生! これからどうなんの!? ってとこで終わりました。

裏でタイタニアがやっているので、リアルで見ることはないですけど、
休日にちゃんと見そうな予感がビシバシ!


あ、そうそう、それからあたしゃ、地震関連のお仕事をしているのですが、
今の耐震設備で、地面がひび割れすることはほとんどありません。

橋もあんな風にぐわんぐわん揺れますが、それでも倒壊はしません。
建物も、ガラスは割れるでしょうけど、
机やら、椅子やらがあんなに揺れることはないので、安心してください。

基本設計は、兵庫沖地震(阪神大震災)に合わせて造られてますが、
最近のは地震の衝撃を和らげる素材とか工夫がしてあるので、
兵庫沖以上のが来ても結構耐えられると思います。



テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT