FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

アライブ ~最終進化少年~

今、最も面白い漫画の一つ。(BEST的な意味で)
アライブを単行本、十八冊ごっそりと買いますた。

漫画雑誌はもうほとんど買っていないのですが、
月マガだけはなんだか買ってまして、それに2003年から
連載されとる漫画です。


作画担当の『あだちとか』さんは新人だというのに、
なんというか最初から絵がすごいという印象だったこの漫画。
(単行本改めてみたら、今の方が上手くなってて、
成長していることがすごいとか思った)

勝手な印象ですが、月マガの対応もちょっと派手だったような
記憶があるようなないような・・・

絵も去ることながら原作(河島正さん)もかなりのもので、
当時あんまり原作付きの漫画を評価してなかったのですが、
奈美が出た辺りから、話が面白くなってきて
(ストーリーの終着点がわかりやすくなったからとも言う)
その辺からいつか買おうリストに入ってました。


あらすじ(第1部)
ある日、世界中で自殺者が急増するという事件が起き、
太輔(主人公)も同じ衝動に駆られるが、何とかやり過ごす。

そんな中、親友広瀬が殺人事件に関与して逮捕されるが、釈放。
そして、現れ始める能力者たち。

能力者になっていた広瀬に攫われる幼馴染の恵。
それに呼応するかのように能力に目覚める太輔。
そして、勇太や奈美といった仲間と共に北へ。

アクロの心臓とは何か? 太輔の本当の能力とは?


とかそんな感じでしょうか。
で、この作品の真の主人公は『奈美』
ええ、奈美です。それ以外にありません。

虎の大好きな幼馴染特性をもってしても(恵のこと)、
奈美のツンデレっぷりには勝てませぬ。(デレてはいないのだけれど・・・)

なんだろう。これほどまでに応援したくなるヒロイン。
他にはいないぜ! 絶対だぜ!

前月の月マガでおめでとーとか、そんなことを思っていたら、
今月では奈美らしくて、思いっきり(あちきが)デレた。


本当のところ、大きな部屋に引っ越したら一気に買うつもりだったのですけど、
18巻の特装版にしてやられたとか、やらやられたとか。

もう本の置き場がない! というのは月一ぐらいでやってくる母親の弁。
いや、まだ空きあるし・・・ と全然気にしていないのはおいらの弁。


そんなアライブもいよいよ最終章。(たぶん、きっと)
ああ、これが終わっちまうのかあ。と思うと寂しい気持ちがしたりしてます。



PS
講談社BOX新人賞に向けて、小説を書いています。
なんで!? どうして!? 〆切が七月末なのだと編集部を呪っています。
八月だったら、時間がたっぷりあるのに   
(前の〆切が五月だったんで、八月だと思っとったとですよ)

間に合わねー。というのは、風呂敷を広げすぎた自業自得。
本当にぎりぎりのところで間に合わなそうでございまする。



スポンサーサイト



漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |