FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

エヴァンゲリヲン 破

***ネタばれはしないつもりですけど、内容に触れる個所もあるので、その辺はお気を付けください。***

「序」を加速とするなら、「破」は停止ではないかと思う。

停止とは悪い意味ではなく、新たに話を構築するに於いて、
一度ここで立ち止まってみようという話。

決して、この作品だけでの感想が書けないというわけではないのですけど、
やはり、「急」でなければ本当の評価は書けない。
というのが最初に言える、帰結の感想。



新劇場版はなぜか放映館数が少ないのだけれど、
まあ、行きつけの映画館でやっているので行ってきました。109シネマズ木場。

これは高校時代の友達と見たいというのがあったので、
a-sukeを誘って行ったのだけれど、ここに来たら”風月”に行きたいというのもあって、
小食の奴が風月(お好み焼屋)を気に入るのかどうか不安もあったけれども、

嫁さんにお土産まで買っていきやがった。

と次第で、ある意味勝利に終わった。

というわけで、映画を観終わってからのa-sukeとの二時間の観想戦。
そんなのをざっと載せていきたいと思う、今日のブログ。




友人と一緒に行くということも相まって、予約をばしてから行ったのだが、
予約開始の午前零時から、サイトが繋がりにくい、繋がりにくい。
空の境界の時ほどじゃないけれど、予約し終わるまでに二時間かかりましたぜ。

でも、翌日の昼に予約状況を確認したら、まだいい席は空いていたので、
これから予約する人はまあ、結構大丈夫だと思います。


真希波・マリ・イラストリアス

初っ端から登場して、まるで主人公みたいに戦い始める彼女。
彼女は戦闘シーンが格好良かったです。

パラシュートのシーン。
なにこのお約束。胸に顔をうずくめる。メガネメガネ。このシーンいらなくね?

声優はa-sukeはあんまり、という感じだったけれども、
個人的には坂本真綾でよかった。うん、彼女の演技は好きです。

新キャラのくせに、新キャラとして振舞わない彼女が一体どこへ行くのか?
それは「破」では評価できなかったところなので、「急」にて期待したい。
というか、そこがどうなるかが、新劇場版の評価になるのではないかと思う。


全般的にキャラクター変わってます。
シンジやレイは人間らしくなっているし、アスカは大人しくなっている。
でも、全般的に拒絶してしまうといった感じではなく、
これはリメイクなのだ。という十分許容範囲内。


脇役
冬月の声が変わった?
二人してそう思ったけれど、スタッフロールに麦人の名前あり。なんでだろう?

加持、最後まで生き残るんじゃね?

まやちゃんの出番が少ない。(a-sukeの談)
当たり前だ、ただでさえ尺が短くなってるのに、出番を与えてどうするよ?
でも、1分弱ぐらい彼女主体のシーンがあります。


使徒
「死に至る病」の使徒はでてきませんでした。
使徒がというよりは、あの話が好きだったのでその辺は残念。

最強の使徒は、テレビ版で次回予告があったればこその最強。
予告ない、予備知識ない見ると、なんでそんなに強いの? といぶかしむことになる。


式波・アスカ・ラングレー

まず、最初に言っておく。虎はアスカ派だっ!
ヒロインなんてものは喜怒哀楽が激しいのがいい。
そんなヒロインが主人公にデレていくのがいいんじゃないか。

性格変わった? 大人しくなった? みやむー、イメージ変わった?
意図的にそうしたんだと思うのだけれど、その辺が消化不良。

ここからは、「破」の本題に触れるところなので、詳しくは書けないのだけれど、
あれをアスカにしたのはある意味ではよかった。
なぜなら、新キャラが出るという時点で、アスカはどうなるのか?
というのがアスカ派の一番の気がかりだったからだ。

ところどころ、彼か、アスカなのか、とドキドキしながら見る一幕。
この辺はリアルエヴァファンじゃないと味わえない。

でも、アスカがミサトに電話するシーンで、
「ああ、そういう風になるんだ」
全てが氷解する瞬間。ここには書けない感情を味わいました。

登場しないかもしれないというアスカ(というか、みやむー)ファンの不安を
裏切りはしなかったので、まあ、これもある意味の帰結かと思うのだけれど・・・


最後に、
「序」はそれ単体で絶賛したし、されたと思う作品だけれど、
「破」はこれのみで評価するのは難しいと思う。

それは「破」がつまらない。などという意味ではなく、
「破」が「急」への繋ぎとしての役割を全うしたからだと思う。

ここまで書いて、これを読んだ人が虎がこの作品をつまらないと
思っているのではないかと、ふと思いましたが、
つまらなかったら、こんなに長い文章書きません!
面白かったというのは胸を張って言えます。

a-sukeはリアルエヴァファンじゃない人にはどうだろう? と言っていましたが、
それはその人でも、別の楽しみ方があると思うので、観たらいいじゃない。
移動込みで三時間と1800円。それくらいは注ぎ込むべき作品だと思います。



スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アライブ ~最終進化少年~

今、最も面白い漫画の一つ。(BEST的な意味で)
アライブを単行本、十八冊ごっそりと買いますた。

漫画雑誌はもうほとんど買っていないのですが、
月マガだけはなんだか買ってまして、それに2003年から
連載されとる漫画です。


作画担当の『あだちとか』さんは新人だというのに、
なんというか最初から絵がすごいという印象だったこの漫画。
(単行本改めてみたら、今の方が上手くなってて、
成長していることがすごいとか思った)

勝手な印象ですが、月マガの対応もちょっと派手だったような
記憶があるようなないような・・・

絵も去ることながら原作(河島正さん)もかなりのもので、
当時あんまり原作付きの漫画を評価してなかったのですが、
奈美が出た辺りから、話が面白くなってきて
(ストーリーの終着点がわかりやすくなったからとも言う)
その辺からいつか買おうリストに入ってました。


あらすじ(第1部)
ある日、世界中で自殺者が急増するという事件が起き、
太輔(主人公)も同じ衝動に駆られるが、何とかやり過ごす。

そんな中、親友広瀬が殺人事件に関与して逮捕されるが、釈放。
そして、現れ始める能力者たち。

能力者になっていた広瀬に攫われる幼馴染の恵。
それに呼応するかのように能力に目覚める太輔。
そして、勇太や奈美といった仲間と共に北へ。

アクロの心臓とは何か? 太輔の本当の能力とは?


とかそんな感じでしょうか。
で、この作品の真の主人公は『奈美』
ええ、奈美です。それ以外にありません。

虎の大好きな幼馴染特性をもってしても(恵のこと)、
奈美のツンデレっぷりには勝てませぬ。(デレてはいないのだけれど・・・)

なんだろう。これほどまでに応援したくなるヒロイン。
他にはいないぜ! 絶対だぜ!

前月の月マガでおめでとーとか、そんなことを思っていたら、
今月では奈美らしくて、思いっきり(あちきが)デレた。


本当のところ、大きな部屋に引っ越したら一気に買うつもりだったのですけど、
18巻の特装版にしてやられたとか、やらやられたとか。

もう本の置き場がない! というのは月一ぐらいでやってくる母親の弁。
いや、まだ空きあるし・・・ と全然気にしていないのはおいらの弁。


そんなアライブもいよいよ最終章。(たぶん、きっと)
ああ、これが終わっちまうのかあ。と思うと寂しい気持ちがしたりしてます。



PS
講談社BOX新人賞に向けて、小説を書いています。
なんで!? どうして!? 〆切が七月末なのだと編集部を呪っています。
八月だったら、時間がたっぷりあるのに   
(前の〆切が五月だったんで、八月だと思っとったとですよ)

間に合わねー。というのは、風呂敷を広げすぎた自業自得。
本当にぎりぎりのところで間に合わなそうでございまする。



漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

シヴィライゼーション4 コロナイゼーション

仕事を失うかもしれないというのに、買っちまいましたブルーレイデッキ。
Panasonicの容量1TBでダブ録のやつ。
だって、今のDVDデッキは焼くとエラーが出ちまうんですもの。

そんな多大な出費をした秋葉原からの帰り、
久方ぶりにSofmapに寄ってみると、ありました。

シヴィライゼーション4 コロナイゼーション

巷ではあまり評価のよろしくないこのゲームなのですが、
(2chの掲示板が英語版の発売から9ヶ月経つというのにまだ1つめ)
DS版のシヴィライゼーションが面白かった、且つ、
近未来まで話が進まない。ということで買いますた。

まず、シヴィライゼーション4の拡張キットではないのです。
これ、単体で遊べます。

舞台が大航海時代からアメリカの独立まで。ということで、
核兵器とか、宇宙開拓とか、そういうのがなくてよかった。

まあ、代わりに兵種が少なくて、せめて勢力ごとに特色があれば・・・
と思いました。

ほぼ、内政。
あんまり戦闘ないですね。(まだ、難易度上げてやってないけど)
戦争より内政が好きな人にはお薦め! と言いたいところですが、
300ターンで終了という制限時間がありますので、評価は微妙なところです。

あ、あたしゃ、面白かったですよ。


ちょっとやってみて思った攻略方法
① 最初の都市は、食料3、資材1ヘックスぐらいの割合。
② 序盤は教会で十字架を生産するのが人口増加の近道。
③ ベテラン斥候で各地を探索。
④ 貿易開始。ヨーロッパへの輸出より、ネイティブアメリカンに売る方が最初は儲かる。
⑤ 内陸に都市を建設。食料が安定、且つ、工具や武器を清算できるのが吉。
  ちなみに、ここが独立の際の防衛拠点となる。
⑥ 馬と輸出物が生産できる拠点を作成。馬都市は食料重要。
⑦ 西側に貿易拠点を作成。のちのち、ここを首都にする気構えでおく。
⑧ 戦力を徐々に整え始める。
⑨ 自由の鐘の大量生産を始める。(できるかぎり一気に早く)
⑩ 独立→戦争→勝利(竜騎兵が敵の倍ぐらいいれば勝てます)

⑤と⑥、⑦と⑧はほぼ平行で。

と、こんな感じです。やってない人にはなんのことやらですね。
ほぼ、自分が後で見るために書いてます。

次は、中級レベルでクリアできるかどうかですね。
最近は信長ですら、中級レベルに落とすというていたらくの虎舟でしたー。


     というわけで、執筆活動が大分疎かになってしまったので、
今日辺りから頑張っていきまっしょいと思いまする。



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:1 |

鬼が来りて、甘えさせろとのたもうた 体験版

***18禁です。自己責任で***

130cmさんの『鬼が来りて、甘えさせろとのたもうた』 略して鬼うたの体験版やりますた。

「鬼うた。」応援キャンペーン開催中!

ビバ!黒髪!!ジーク!ヤンデレ!!(挨拶らしい)

ヤンデレはさておいて、黒髪サイコー。ロング、サイコー。
なんかいつもと違和感があると思ったら、登場女性キャラ全員黒髪ロング!!
かつて、これほど求めてやまなかった作品があっただろうか!?

まあ、そのせいで、体験版やった段階で、画面が黒で重っ苦しい感じは受けましたけれども。


企画者の 泉水いこ さん。この企画はすばらしー。さいこーです。


小春は普通の変態だ!!
綾子さんは訓練された変態だ!!!
(HPの一文より抜粋)

言っておくが、両方とも真性の変態であることに変わりはない。(体験版やっただけでわかる)

そんなわけで、ハル姉はあちきの嫌いなヤンデレであるにもかかわらず、気に入ったわけだけれども。
これくらいのヤンデレならいいよね。近親相姦を除けば、好感が持てるよね。


あとは題名にあるとおりが重要な話らしいのですけれども、
デモとかで流れている曲はいいものかと思います。(音楽属性が低いので、評価はできませぬ)

声優さんもあまり詳しくないので、どうこう言えないのですけど、
イメージに相違ある人はいませんでした。むしろ、想像を上回ったくらいだぜ。


予約キャンペーン期間過ぎたけれど、予約しようかなー? 買っちゃおうかなー?

まあ、POWERSに送る作品書かなきゃいけないので、どんだけストライクの作品と言っても、
7月末までやることはないんだけれども!
(実際にやるのは夏過ぎになると思ったので、体験版やっただけなのに
感想を書いてみる気になったという代物)


「鬼うた。」応援キャンペーン開催中!



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

うみねこのなく頃に (承前)

講談社BOXで小説化決定だそうで。

竜騎士07さんの作品は『ひぐらし』でお腹いっぱい気味で、
どうしようかなあ? とか考え中。

とりあえず、『ひぐらし』フリークじゃない人からの感想とか聞いてみたい。
(あの作品は熱狂的ファンが多すぎて、評価があまり正当じゃない気がするので)

なに、7月からアニメ化ですとー?

まあ、どっちにしろ、様子見になりそうだ。



講談社BOX新人賞 POWERS
第二回の〆切が七月末ですとー!?

八月だと思って、夏休み使って書くつもりだった、あちきにどうしろと!?



小説 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |