FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

GOEMON

帰省してます。
6日まで田舎にいると思います。
魚漬けの日々になります。



紀里谷和明監督映画、GOEMON観てきました。

公開二日目でしたけど、レイトショーだったためか人は少なめ。
足とか組んだりしながら観れました。

この映画を観る動機は、すごいと言われるCGでもなく、特異な世界観でもなく、
主演が江口洋介さんだったからです。

江口さんは素晴らしいです。
もういつから好きなのか憶えてすらいませんが、江口さんの演技は大好きで、
日本版のテレビドラマ「逃亡者」なんかは傑作だったと思っています。
そんな江口さんが、めちゃくちゃに動きます。そりゃあもう、人間じゃありません。

オープニングの「絶景、絶景」から、タイトルの月のシーンは絶賛。

共演の才蔵役、大沢たかおさんも素晴らしい。
最期のシーンは、見た瞬間、「あ、あれやるんだ」と司馬さんの小説を思い出しました。

戸田恵梨香さんがちょい役だったのに驚き。
いや、出演されるのは知っていて、HPとか役名しか書いてないから、
それほど重要な役じゃないだろうとは思っていたんです。
けど、あれだけ? と、知らない間にちょいとファンになっている自分に気付きました。

広末涼子さんの茶々。
おくりびとを観ていたので、演技に不満などはないのですが、
戸田さんの方がいいのになあ。というのが、観る前の感想。
だけど、観終わった後で、やっぱり広末さんでよかったと思いました。

CG
すごいはすごいのですけど、あんまり良くはなかったです。
速すぎて、何をやっているのか全然わからない。
予備動作などをシーンに入れるなどの工夫はあったのですけど、あんまり・・・というのが感想。

歴史観
無茶苦茶です。もう歴史ファンから弾圧されるのを覚悟しているかの様。
でも、これはこれでいいのではないかと思います。
そもそも、この作品は歴史を求めてみるものではない。

とまあ、ここまでがネタバレのない感想。
ネタバレしちゃう感想は追記で。


GOEMON…の続きを読む
スポンサーサイト



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |