FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

コミケ75

つっかれたー。
夏コミより、全然強行日程じゃなかったんですけど、いろいろあって疲れました。



コミケ準備会。
すごいよ、おまいら最高だよ。
2日目も3日目も、現地着10:00前後だったのに、1時間ぐらいで入場でけた。
夏コミの時より、レヴェルアップしていたその整備力に感無量。



3日目(type-moon中心)
2日目より先に書く。

ACPI
うにゃまさんとこのサークル。
絵で敬遠する人がいるけれど、ここの売りは中身。
type-moonファンならたまらないギャグテイストいっぱい。
今回は新刊が大分分厚くてほくほく。


黄鶏餅
セイバーの本2のところ。
あいかわずポップが卑屈。また、それが面白いのだけれど。
前回、たまたま手にとって買ってみたのだけれど、絵も安定してるし、笑いもあるし、これからも継続して買いたい所。


両替屋
切嗣中心のサークル。買う予定ではなったけれど、その心意気に惚れた。


いたち堂
なんか、こうほんのりいいセイバーを見た。
凛も描いてくんねーかな。この人。


アルカロイド
空の境界を題材にしているところで、なかなか好きな絵のところがなかったのですが、ここは○
奈須さんの作品で、一番空きなのはやっぱりらっきょになるので、これから続けて欲しい。


某有名サークル
もう買わない。
作品が手抜きだったとかそういうわけではなくて、複数×一人というのがダメ。
このサークルはそれが売りなんですけど、ああ、やっぱり合わないや。
というのが感想。
そもそも、もうエロとか全然ない方がいいくらい。


からすとうさぎ
知り合いのとこ。
「もっと描け」とエールを贈る。量が少なくて感想書けないよ。うようよ。



2日目(同人ゲーム中心)

Ambivalence
「ラクシャルキ」シリーズ「森の少女と妖精の城」シリーズ
やー、絵が巧いのです。
夏コミの終わり辺りにみっけて、通販で一作買ったぐらいピンときた。(積みゲーになっちまいましたが・・・)
そんなわけでゲーム内容は全然わからないんですけど、買って悔いなし! それくらい巧い絵です。


Inspira
「天空の花嫁選び」「カンダタ物語」
ドラクエ題材のエロゲー。
だけれど、自分のとこのシステムを確立している(と思う)サークルなので、買った。
あ、もちろん、絵も巧いですよ。(ついでみたいに書いちゃいましたけど)


神州アクトピア
「いつかおかえりの言葉を」
前に体験版の感想を書いたのですけど、ここは音楽とスクリプトが逸品。
同じ文屋として、叶さんに会いたかったのですけど、残念! 会えませんでした。


夢の続き
「アリス戦記2」
全然知らないけどアリスソフトの格ゲーということで買ってみた。
今回、一番のバクチ。


鉄板盥屋
複数人の複合サークルさんなのですが、そのうちの一人の黒鴉さんが目当てで購入。
ぱっと見、ロリちっくな絵なのですけど、つぼに入っていてお気に入りです。


そらのたね
サークルメンバー、蓬莱さんのとこ。
拙宅で、びびくろさんと作品を読んだのですが、ひぐらし知らない人(びびくろさん)には、沙都子とレナの区別がつかないのだと知る。

そうそう、小説版ひぐらしが来年1月についに完結。えー大分長いこと読んできましたが、終わってくれてほっとしたとかそういうのがあります。つか、先の話知ってる人のブログとか読んで、あー、結局そういう方向に行くんだー。とかなんとか、思うこともしばしば。


そして、littlewind
すんません、自分のとこです。
全部捌けました。ありがとうござーました。
つまるところ、自分のとこが作品出したり、打ち上げやったりしたから疲れたんだろう。とそう思ったり。



つーわけで、今から帰省します。
疲労が抜けない、今日この頃。



スポンサーサイト



イベント | コメント:2 | トラックバック:0 |

虎舟日記 その2

ウイルス感染しました。
SPCという見慣れたexeだったので、昔の対処法でクリアした気になってたら、全然だめだった。
私からの感染はたぶん一人だけで、その方は回避してくれたようだからよかったよかった。

     というわけで、この数日ウイルスの対処で他のことが何もできませんでしたー。

最終的に行った対処法
http://valk.blog92.fc2.com/blog-entry-306.html
他にNOD32アンチウィルス体験版(要メールアドレス)でも回避できたらしいけど、うちのOSには入れられませんでした。



そろそろアフタヌーンを買うのを止めようかと思う。
だって、読んでるもの全部単行本買ってるんだもの。
ただ、大きく振りかぶっての連載と単行本のタイムラグが2年あるのが気になる。



夜桜四重奏の単行本を買った。
こっちは時期を見て、記事を書こうと思う。



LW関連
いよいよマギマス体験版の配布ですね。
西1 ら-36aです。
パッケージはこんな感じらしい。体験版にどんだけ金かけてんだw


LWの面々へ
オフ会を忘れないで! 忘れないで!



昨日は会社が大掃除だったので、早く終わった。
なので、社員の人たちと麻雀へ。
会社でやる麻雀は、賭けとかそういうのなしで楽しむだけのものなので、たいそう気が楽。

怒涛の戦譜は追記にて。

虎舟日記 その2…の続きを読む
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

忘却録音

M-1がありましたね。
去年とおととしは劇的でしたけど、今年は普通に終わったような気がします。



忘却録音

前日の午後一の段階で残り席10。
相変わらずの人気なのですけど、一章の頃よりは落ち着いてきたようで。

グッズをいろいろ買わされた。
ええ、自分の意思で買ったんですけど、カレンダーとかパスケースとかこのタイミングで出されたらどうしょもない。
とりあえず、カレンダーE見てほくそ笑んでます。

本編見た感想。
いろいろカットされたようで、消化不良感が残りました。
それは制作の能力とかではなく、尺の問題なんでしょうね。

式の戦闘シーンが地味になった分、鮮花の戦闘が派手になりました。
俯瞰風景や痛覚残留ほどの印象は残りませんけど、ファイヤからかかと落としへのコンボは見もの。

あ、あと妖精さんがかっこよかったです。虎。



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Fate Unlimited Code

Fate Unlimited Code

こうてきた。
秋葉原のだいたいのところは回ってきたのですが、全部売り切れ。
結局買った近所のゲーム屋もあちきが買ったので最後。
どんだけ売れてんだ。

やってみた感想。
な、なんじゃこりゃー。
一昔前ならこういう原作付きのゲームなんてキャラに頼った3流ゲーム。
けど、システムやら、戦闘バランスがありえないほど修練されてる。
つか、格ゲーから数年単位で遠ざかってるおいら、ついてけない。

そんなわけで起動。
オープニングからとんでもねー。まあ、短いけれど。
中田譲司さんがかっこいい。ほかにも、いろいろ中田さん。
モードセレクトの音楽(歌)がこれまたしっかりしていて驚き。
KATEさん監修したのかしら?

で、凛で始める。
ファーストアタック、ギルガメッシュがぼろくそ弱くて難易度設定を変えるべきだったかと思考する。が・・・
セイバー戦(第四戦)ふるぼっこでやれる。ほぼパーフェクトで。
まあ、それでもなんとか進んでいって、綺礼戦(ラスト)。「ああ、こりゃぜったいかてねーわ」ということで潔くゲームオーバー。

それでも近接戦重視のセイバーにでもすれば勝てるんじゃないかと。
セイバーに替えてリトライ。
奇跡的にラストまで辿り着いたが、ギルガメッシュ、はんぱねー。
最初に戦ったのは本当に君だったのかい? と途方に暮れる。

まあ、向こうが2000クラスのコンボかましてくれるのにこっちは1000与えられないんだからしゃーない。
とりあえず、難易度をEASYにしてうさを晴らした。
今はなんとかセイバーの基本コンボを習得中。

でも、今、おいらに必要なのは、衣・食・住・アーケードスティック。
一時間ぐらいやっただけで、もう左手限界。


追記
しばらくオープニングを聞きながら、コマンド表を見ていて知る。
葛木先生がいねー。(アサシン(真)がいねーのはわかるけれども)
ぐわんげ。



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

いやな一日

筑紫さんが亡くなられてから大分経ちましたね。
今更ながらですが、嘘のようです。



銀行のキャッシュカード失くした。昼休み、金下ろした直後。
まあ、すぐに届出があったので、無事だったけれど。
とりあえず、しばらくは当座は凍結状態です。

そもそもの原因は残高が異様に減っていたので、スキミングでもされたのかと動揺したから。
ただの使い込みなのか、残高を勘違いしているのかわからないけど、なんとなく不安。
ま、来週中に原因がわかるでしょう。ここで言うかどうかはわからないけど・・・


帰りに「fate unlimited code」と「幻想水滸」と「パンドラ」を買いにヨドバシアキバへ。

fate は目の前で売り切れる。(在庫はあったかもしれないけど)
幻想水滸 はこれ一つ買うためにさすがにあの列に並ぶ気はしなかった。
百人以上並んでたよ、きっと。

パンドラも売り切れ? 在庫切れ? 
BOXの出版物が発売日に有隣堂にないのは大分慣れた。


   というわけで明日は、

(1)空の境界、予約
(2)fate
(3)幻想水滸
(4)パンドラ

の順の優先順位で行動したいと思う。




日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

空の境界、予約しに行ったけれど・・・

例の如く、忘却録音の初日舞台挨拶の予約をするのをスッカリ忘れていたので、
また普通に観にいこうと思う。
 
というわけで     。テアトル新宿に予約しに行ったら、午後8時なのに閉館してた。
ぐわんげ。

忘却録音やるまでレイトショーがないので、おそらく平日に予約するのは無理だろう。
ということで、ネット予約もほとんど無理っぽいし、
火曜が休みなので、土曜に予約しに行こうかと思う。



少女ノイズ(著:三雲岳斗)を読んでいる。
店頭でただなんとなく買ってみた本なのですが、読んでみたら面白い。
お薦め! (読みかけなのに)続編希望!

というか、自分の小説の設定の浅さに絶望した。
とある新人賞に向けて書いていたものがあるのだが、頭から改稿したくなった。
(まあ、改稿自体もう10回近いのですけど・・・)

とまあ、LWの作業そっちのけでそんなことをしていたとカミングアウト。
いや、本職が忙しくなる2月前には終わらせますので・・・(汗)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

地デジ対応テレビを買った。

太田克史氏、講談社box部長を退く!
今年、一番の衝撃かもしれない。



地デジ対応テレビを買った。
前のやつは買ったのが10年前、製造年では13年前の古強者だったので、全然絵が違って見える。
これであちきも文明人の仲間入りだね。と言いたいけど、
デジカメなし、ブルーレイなし、PCもCPUが1.6GHzじゃあどうしょもない。

あ、でもDS買いました。
実家に帰る途次に幻想水滸をやろうとかそういう目論見。

なんか両方とも絵がきれいでものすごい。
もう、おいら、アナログは見れない。

こうして、今冬のボーナスは消えていくのでした。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小児救命

12月2日のブログで、あたかも黒世改さんが流水大賞に応募されているようなことを書きましたが、応募されてないようです。ごめんなさい。(参照
やっぱ、知人でもない人のことはとやかく書かない方がいいな。と思いました。反省、反省。



コニたんとか、塚本くんのファンではないのだけれど、
あと一回で終わってしまうのだれど、
面白かったので書くことにした。小児救命。

主だった内容は、名前の通り小児科の話なのですが、
最終回に迫るにつけ、今問題の”たらいまわし”の話とか、医師とか看護士の”超過勤務”の話とか、そういう社会問題にも手をつけていて面白いです。

特に”たらいまわし”は世間一般では医師の怠慢のように言われているのですね。そのことに驚きました。
一部に私腹を肥やす人はいるでしょうけど、ほとんどの医師さんは超過勤務で頑張ってると思います。
(自分も職種は違いますけど、超過勤務で倒れたので、よく気持ちがわかります)
今日はコニたんがその辺を熱く語るシーンが良かったです。

ああ、あと、コニたんと塚本くんの恋愛模様も面白いですよ。(こっちはおざなりだけど・・・)

と、そんな感じで私の周りじゃ全然話題になっていないのですけど、
小児救命が面白い。



テレビ | コメント:1 | トラックバック:0 |

イエスタデイをうたって

闘神都市3のシュリさんがお気に入り。や、どうも、虎舟です。



冬目景さんの作品。
現在というか、おそらく未来に於いても、多分不動で一番好きな漫画に君臨するだろう作品。

各巻の刊行間隔が1年以上、ファンでなかったら買ってねーですよ。
といった感じの漫画なのですが、先月6巻と画集が刊行ということで。

冬目さんの作品というのは、独特で、
「黒鉄」はまだしも、「ZERO」とか「羊のうた」とか、人に薦められるもんじゃないよ、あれ。
と同じく冬目ファンの友人と、冬目語りをするときには必ず話します。
(冬目さんの作品は、主に話が暗いのですよ)

そんな中、「イエスタデイ」を知ったのは、1999年3月。
冬目景さんのファンではあっても、掲載雑誌(BJ)まで追っかけてなかったので、1巻の発売と共に知りました。

たしか、当時はを唯一買っていた漫画雑誌モーニングで「黒鉄」を読んでいたので、
冬目景もメジャーになってきたぜい。と比較的初期のファンとしてはほくそ笑んでいたのですが、
この一冊で「恋愛漫画は自分にはダメだ」とか「冬目景は人に薦めちゃいけない」とか、そういう自分の中の小さな矜持が音を立てて崩れ去りました。

それでも、上の友人は「イエスタデイは冬目景じゃない」とか言っているので、
冬目景ファンでも評価は分かれるかもしれません。



物語は、主に三角関係の話ですが、付き合うとか、浮気だとかそういう話ではなく。
三つの一途な想いが上手く交叉しない、そんなもどかしいお話。
(「ハチクロ」が登場人物全員片想いを売りにしましたが、これもそういうお話です)

野中晴(ハル)
本当は魚住が主人公らしいのですが、私にとってはこの漫画の主人公はハルなんです。
私は女性の好みがころころ変わるのですが、変わっても共通しているのは明るいこと。
ハルは底抜けに明るいのです。性格が。

(意外だと言われるのですが)私の本質は「陰」なので、属性が「陽」の女性はいっしょにいるだけで癒されます。
現実にハルみたいな女の子がいたら、榀子には悪いけど、10対0でハルを選ぶだろうなあ。

森ノ目 榀子
ハルが「陽」なら、榀子は「陰」。
上の理由からすると、虎はあんまり好きじゃねえんだろうなあ。と思われるかもしれませんが、
共感できる面が多いので、好きというか自分を投影してしまいます。
とりあえず、髪が長いままだったら、ここまでハル一辺倒にならなかっただろうなあ。

魚住陸生
ハルを袖にするのが許せないのですが、
一人の女性への想いが強くて、好意を持ってくれる人に応えられないというのが、非常に共感できて。
これまた憎めない。
とりあえず、脱フリーターおめでとうと言った感じ。

とまあ、そんな感じで、本来それほど好きになれないキャラを”好き”という感情で見れる、
それが冬目さんの魔力(私に限定ですけど)。



画集
秋葉原の有隣堂で予約して買った。
どうやら、秋葉原店では取り扱っていなかったらしく、他店舗から取り寄せになった。
そしたら、新刊のとこに平積みになりました。
自分の行動が何かに影響を及ぼすってなんかすごいね。

で、中身。
ほとんどハルの絵です。
ハル好きにはたまらないけど、偏りすぎ(笑)。
魚住左手しか出てない。しかも、多分、魚住じゃない? って扱い(笑)。



「愛とはなんぞや?」(1巻で、ハルが魚住に聞くセリフ)
この言葉を読んで、10年近く経った今、未だに応えることができませぬ。



漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

CD-Lime

REDSTERカレンダーの11月を一度も見ることなく12月に突入したことに気付く。



小倉ハムスター

どういう繋がりかわからないのですが、楚材晋用をちょくちょく覗きに来てくれる小倉ハムスター(BLOGはこっち)という方がいらっしゃいまして、まあ、ジャンルが”ゲーム”だったので、いろいろ遡ってみたのが始まりで。

どうやら、小倉ハムスターという同人ゲームサークルなのだと知る。

黒世改さんとmiyaco*さんの二人だけで作っているみたいで、(実際には他の人も関わってるかもしれないけど)
あちきも最初はそれくらいの規模でやればよかったなあと、Littlewindの風呂敷の広げ具合を多少後悔する。(まあ、元々大作好きなので、本当に多少なんですけど・・・)

このシナリオ担当の黒世改さん。
(黒世改さんの)ブログにJとか書いてあるので、流水大賞を狙っているのとか思われる。(勝手な予想)
と、まあ流水大賞の発表日前に書いてみた。

miyaco*さん
とりあえず、リンクの応援バナーの絵が好きです。(いや、他も好きだけれども)
けど、名前を見るたびに、最後のアスタリスクはなんなんだー--。と叫びたくなる。



CD-Lime (エロはないけど、残虐的な方向で18歳以上推奨のゲーム)

実のところ、このゲームをやったのは一ヶ月以上前でして、
もう細かいとことか憶えてねーのですが、
面白かった。且つ、無料ソフトなので書いてみた。

「ちょっと残酷なLのお話」というのがキャッチフレーズみたいなのですが、
敵や、小物(小動物)に対して残酷なシーンはありますけど、
主人公サイドにはあんまりなかったので、耐えられないというほどではありませんでした。
(あんまり、自虐的な話は好きではないのです)

ライムちゃん かわいい
眼帯少女っていうのはなんとなく好きになれないのですが、ライムちゃんはかわいかったです。
でも、物語の中の登場人物だから許せるんだろうなあ。と何度も思いました。

プレイ時間: 1時間~2時間程度
私、結構本とか、ゲームとか、読むスピード早いので、「まあ、1時間ぐらいで終わるだろう」
と余裕しゃくしゃくでやっていたところ。終わらない・・・。
だいたい1時間半ぐらいかかりました。
まあ、普段は中ほどを読み飛ばすような感じで読むんですけど、そういうのがなかったからかなー? とか思う。

まあ、そんなわけで、CD-Manatu(続編)も近々やってみようと思う。



実のところ、コツコツ書き溜めてた(ブログに公開する)ネタが台風明けのドブみたいに溢れてて困った状態。(CD-Limeもやったの10月だし)
そんなわけで、ちょいちょい時期外れのネタを小出しにしますけど、よろしくお願いします。




ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |