FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

パンドラ と いろいろ

買った、買った、いろいろ買った。



まずは、表題のパンドラ
知らない人のために注釈を入れておくと、講談社BOXから発行されている文芸雑誌で、
主に、十代から二十代前半を客層に持っている。(つまり私は外れてますのね。
まあ、つまるところ、西尾維新さんの雑誌です。(いいのか!? そんな説明で

ともひ、すげえ。(もうなんていうか、あえて敬称略って言うか、こう書いてる方が文章が長くなってるっていうか)
毎回、パンドラの表紙を書かれているんですが、ともひ色があり、且つ、毎回違う趣向。
この人を起用した編集者どんだけよ。

蹴語(著:西尾維新)は、まだ読んでないので、気が向いたらー。

さよならのメテオ(著:泉和良)も、同上。

第四回流水大賞座談会。
毎回これを読むのが楽しみ、且つ、恐怖。
BOXが主催している新人賞、流水大賞の論評会なのですが、読んでて面白い。
詳細は読めばわかるんですけど、それは自分の目でー。という感じで、この部分は楽しく読める。

んが、文章書く人間からすると、この辛口論評は”怖い”の一言。
ああ、こんな指摘があるなら、あそこ書き直さなきゃ、あそこも、あそこも・・・全部書き直し。
今書いてる小説なんて、何度書き直したことやら。(汗

でも、それで自力が付いてるような気がするからいいのだけれど。

下克上ボックス。
これに知り合いというか、ただ、pixivで追っかけてただけの人というか、そういう方が掲載していて。
”いわかみちひろ”さんというのですが、ちひろさんっぽい作品書いてて、好です。

ま、そんな感じで、編集部長太田さんと趣味趣向の合う人間(私もそうなんですが)には、垂涎の一品です。

あ、そうそう、初めて手に取る人はその厚さにびっくりするだろうけど、慣れればなんともないので、つか、立ち読みだって、だいじょう・・・無理かっ!



やー、実はいろいろ買い物をしました。
えー、AMAZONとか、ヤフオクとか、虎の穴とか、通販。あとでくる請求がおっとろしい。

ニアアンダーセブン2巻(著:安倍吉俊)
今更、買った。

PSYCHE(著:唐辺葉介)
冬目景さんの絵買いに近い。ただ、作家さんがCARNIVALのシナリオライターじゃないかとの噂があり、確かめるためにも。(S.M.L 閉鎖してた。ぎゃ)

覚悟のすすめ(著:金本知憲)
ストレートという名の魔球(著:松下雄一郎)→藤川球児の本
まあ、阪神ファンなんで。今更、説明するまでもなくー

月と太陽のラクシャルキ(制作:ambivalence)→18禁
果てしなく、感覚買い。(衝動買いともいう)

ナムジ(著:安彦良和)と神武(著:同)
古代日本史の史料として。つか、内容も面白いので。

lain DVD-BOX
これも今更。でも、AMAZONで見かけたら、衝動が抑えられなかった。
なんか、予告とウェザーブレイクがないらしい。う、うぐぐ、楽しみが半減じゃないかっ!



阪神。
まだ、諦めない。今年の巨人はむかつく方向じゃなく強い。その辺はリスペクトして(ほら、オカルトシステムにも「対戦相手にリスペクト」ってあるじゃなっすか)。
もう最後は、やれることをやるしかない! 信じて!!

つか、久々に家でブログを書いた。(たいてい、会社の昼休みに書いてるので)
なんか、結構長い文書いてんね。



スポンサーサイト



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |