FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

コードギアス

なんというか、長かった。

R1のクロヴィスを殺害した回(turn3だったと思う)から見ていて、いろいろ不本意な方向にもいきましたけど、やっぱりコードギアスは面白かったのだと思う。

このアニメは伏線が多すぎて、展開がわかりやすいと思ったのですが、それでも、視聴者はそうなっては欲しくないという思いが強かったのではないかと思う。

個人的には、やっぱりシャーリーが死んだのがイヤ。というか、ありえない。
なんというか、自分の中で非戦闘員は死んじゃいけないというお決まりがあって、このアニメの命題(?)にもあると思うのですが、「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるヤツだけだ」的なものがあるのです。
だから、なんか死にそう(他所では死亡フラグたったとか言ってる人もいた)だなあと思ってからは、”絶対死なないで”という妄想の中で、一週間を過ごした記憶があります。

印象に残ってるシーンは、これまたシャーリーなのですが、
R1の「ギアス対ギアス」(たぶん)の時の、
「撃っちゃったの、ルルを撃っちゃったの」と、
その時のラストシーンの墓碑の前の記憶を失ったシャーリーとルルーシュの会話。バックの音楽と、声優さんの優しさの演技がすごく印象的でした。

そんな訳で、すごく偏って観ていたので、ロロが好きじゃなかったりします。

こう書いていくと、ただのシャーリー馬鹿なんですけど、
ルルも、スザクも、カレンも、藤堂も、ロイドも、セシルも、好きでしたよ。ただ、一人に想いが強すぎただけの話。

でも、あれですね。これだけ長い物語が終わると、
なんか、また来週もやるのではないかと思ってしまって、こう、心の中に残る虚無感はなんとも言えないものですね。(こういった感情は、ゾイド(バン編)が終わった時のが一番で、未だに、このゾイドが自分の中で一番のアニメだったりします。や、もちろん、コードギアスも高い評価ですよ)

まあ、なんだ、会社辞めて時間ができたら、R1からもう一度観てみよう。そんな風に思う虎でした。にゃ~



そして、日付替わって今日。夏目友人帳が終わります。
今期のテレビに関しては(アニメ、ドラマに関わらず)、これが一番だったと思っていますので、テレビの前で正座してみようと思っちょります。



スポンサーサイト



テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 |

おくりびと

三章の橙子さんがかわいくてしょうがありません。虎舟です。

えっ、何の話かって? そりゃあ、もう、劇場版空の境界のパンフレットの話ですよ。



なんだかんだいって、結局映画を観に行くのだなあ。 どうも、虎舟です。

楽天地錦糸町に行ってきました。”おくりびと”を観に。

それで、以前にも書いた”高山ラーメン”で食べてきたのですが、ここはラーメン屋でありながら、甘味処でもあるのです。
ラーメンに、味の付いたご飯(半ライス程度)、抹茶白玉アイスで950円なら、安いかと思います。



えー、なんとなく、といった感じで観に行ったのですが、観客の年齢層が高い!
ほとんどご年配の方で、レイトショー枠がない理由がよっくわかりました。

総じて、いい話でした。
そこかしこに笑いがあり、
納棺の儀式は目を見張る物だったし、
チェロの演奏も上手かったです。
ただ、山崎努さんの出番がもっと欲しかった。

笑いのタイミングと音量がちょっと違うのです。
観てる方々との年齢差というやつでしょうか。 ”ツボ” が微妙にズレていて、おいおい、若者(?)よりも笑ってね? と思うくらいご年配の方のほうが笑っていました。

納棺の儀式は、主人公たちはすごくしっかりやっているので、それが当然という気になっていたのですが、
最後に、別の葬儀屋さんが、粗雑に御遺体を扱っていて、まあ、これほどひどくはないだろうけど、納棺屋(主人公たち)っていうのは、すごくしっかり仕事をしているのだなと思いました。
というか、うちのばあちゃん。あんな風に納棺してもらってたっけ?

あと、家族愛。
これがテーマだったような気がします。
正直、広末涼子みたいなかみさんがいたら、(容姿という意味ではなく、役のような性格の奥さんがいいたらと意)それだけで人生満足できるだろうなあ。って思いました。

観客は前述の通り、ご年配の方ばかりでしたが、若い人が観るのもいいと思う。
そんな映画、 ”おくりびと” でした。 虎。



映画は、
今年はあと、容疑者xの献身。レッドクリフ。アイアンマンを観ようと思ってます。

それから、
近々、楚材晋用の方に、AURA(著:田中ロミオ)とFate(メーカー:typemoon)を載っけようと思います。
あ、Fateは発売当初にやってるのを今更書きました。




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヒストリエ

竹箒の更新期間が短くなると、それだけで幸せな虎舟です。
それにしても、未来福音の書店価格1800円は高いと思いました。自分はコミケで買った(1000円だった)ので、全然構いませぬが。
なにより、コミケで買ってなかったら、1800円どころか3000円ぐらいでも、いとわぬ自分がいたりする。



また、アフタヌーンネタになるのですが、11月号も出たことですし、書こうと思います。

ヒストリエは、「寄生獣」で有名な岩明均さんの作品で、アレクサンダー大王の書記官(軍師かなにかだと思っていただければ)であったエウメネスの物語です。
現在、四巻まで刊行。もうじき五巻が出るかな?
ちなみに、ヒストリエの意味は「同時代史」だったと記憶しております。

正直なところ、エウメネスを題材に(正確にいうとディアドゴイを)小説を書いてみたいと思っていたので、この作品が世に出たときは、嬉しいやら、先を越されて悔しいやら、でも前者の方が圧倒的に大きかったのを覚えています。

この時代でまあ有名だろうというのは、格段に知名度の高いアレクサンダーと、その同性愛相手だったとも言われるヘファイスティオン、そして、名将クラテロス(インドの戦いで、本陣の指揮なんかを取ったりした人です)ぐらいで、これだけの大御所(岩明均さんが)がエウメネスを題材にするというのは、かなり衝撃的なことでした。

エウメネスというのは、アレクサンダーの死後に起こった後継者戦争(これをディアドゴイといいます)で活躍した。王室側の武将で、それまで無名だったにも関わらず、歴戦の猛者たちと互角以上に戦います。(まあ、無名だったというのは史料からで、実際にはどうだったかわかりません)
ちなみに、クラテロスを敗死に追い込むのはエウメネスです。

ただ、エウメネスというのは、統率と武力に偏りがちなマケドニア陣営の中で、知力を主とした戦いをするということで、物語の主役にもってくるのにはちょうど良く。
岩明均さんもその辺に興味を持たれたのではないかと思います。

まず、物語はエウメネスの幼少期から始まって(正確にはちょっと違うのですが)、今、マケドニア陣営に入ったところです。
エウメネスの幼少期なんていうのは、たぶん資料があんまりないと思うので、この辺は創作なのかと思っているのですが、それでもエウメネスっぽくて、みんな納得できるのではないかと思うのです。

エウメネス。
主人公でいて、剣の腕も立つのですが、その属性はあくまで知力です。
先進的なその思考は、”おーい竜馬”の坂本竜馬を読んでいるようで、すごく楽しいです。
次はどんなことをするのだろうと、ワクワク出来ます。

ボアの村
史料には、アレクサンダーが小アジアを制圧したときに出てくるのですよね。
そのための伏線なのでしょうけど、たぶん、サテュラはもう出てこないのだろうなあ。と予感。

バルシネ
後年、アレキサンダーの愛妾となるのですが、今のところはギリシャかぶれでペルシア軍人の妻。
エウメネスとどう絡んでくるのかが楽しみです。聡明に描かれてもいるので。

メムノン
アレキサンダーに唯一勝てたかもしれない。隠れた名将。
まだ、出番が全然ありません。乞う期待。

フィリポス2世
ああ、そういう登場するんだ。と、多くの読者を驚かしたお方。
商人風の姿で、あの名前で出られたら、もうディアドゴイの伏線かよ。と思うしかなったのは、私だけ?
マケドニアがペルシアに勝てたのは、アレクサンドロスよりも、このお方の軍制改革のおかげで、覇道というものは一代ではできないのだなあ。としみじみ思います。

そして、アレキサンドロス。
とうとう表に出てきました。顔の蛇の痣がなんとも格好いいです。
まだ、少年の設定なので、ペルシアとの戦争はまだ先。ギリシャ遠征とかあるんだろうなあ、とワクワクしてます。

ただ、このヒストリエ、休載が多いのが珠に傷です。

本当は、書きたいことがもっとあるんですけど、これくらいの容量で収めておく方がよさそうなので、これまで。

最後に、基本的なこの時代の知識は、”HISTORIA”を見るとわかります。お薦めです。
このサイトは開設以来お世話になっています。ありがとうございます。



漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

悪夢のような五回裏

閲覧数の少ないブログだけど、”いつおか”が少しでも宣伝になればと思い前回投稿。
が、しかーし。いつもより、カウンターが少なかったりする週末。
や、どうも、虎舟です。航さん、ごめんよー。



天王山。10.8に匹敵するような勝負の山場。
両軍、どれだけの思いがそこにはあったのだろうか? 私は一方の立場でしかないので、なんとも言えない。

今日、今年の阪神×巨人戦、最後の3連戦(まだ、直接対決は残っている)が終わった。
終わってみれば、表題の通りに五回に悪夢が待っていたのだが、前日も、前々日も(阪神サイドからすれば)本当に悪夢のようだった。

もし、岩田が4回までノーヒットなんてやってなったら、
巨人が二点ビハインドでなければ、
勝利権利のかかった五回でなければ、
あそこで渡辺を替えていなかったら、

”たられば” を言えばきりがないのがスポーツというものである。

それでも、何故か阪神というものに対して、私は諦めるということがない。
9回表、9対3だというのに、胸の中にあるのは ”逆転” という二字だけで、それを願うたびに熱いものが体の奥底からこみ上げてくる。
金本のヒット、
鳥谷のファーボール、
関のエラーかもしれない、タイムリー、
ミツの三振、
桧山が登場するまで、(テレビ放映ではここまで)
一切、負けるという意識がないのだ。

ただ、切に信じられる。
これは阪神にだけ思えることで、とても幸せなことだと思う。

巨人のこの流れは本物だと思うが、それでもまだ優勝が決まったわけじゃない。
直対もまだあるのだし、選手には(ファンにも)まだ諦めず頑張って欲しい。(諦めた人なんてまだいないと思うが)
CSを甲子園で迎えられるように。 全阪神の総力を結集して、”まだ、いくよ”

信じて!!!



野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いつか、おかえりの言葉を

※今回の内容は、18禁同人ゲームを対象としています。記事には露骨に18禁の内容を書きませんが、リンクなどを利用する際には、自己責任でお願いします。


同人サークル「神州アクトピア」さんのところの第一作。”いつか、おかえりの言葉を”略して”いつおか”(個人的には”おかこと”の方が響きが好きだったりする)   の体験版をやりました。

夏コミのときに、LWで助っ人をしていただいている三滝航さんの所によったら、取り置きのものをいただきました。(えー、ただでもらっちゃったんですが、これ、無料でいいんですかね? パッケージとかちゃんとしてたんで、ちょい不安に・・・)

最初は18禁だと知らずにプレイ。最後の最後のおまけに、エチーシーンがあって、それでようやく18禁だと知る。

これ、18禁じゃなくていいじゃん。むしろ、全年齢の方がよくね?
(けど、同人世界は18禁の方が売れるのですよね)
つーか、この体験版をDL配布して、少しでも多くの人間にやってもらうべきだっ!!
(あ、DIARY見たら、HPのリニューアル時に配布すると書いてありますね)
それくらい、たくさんの人に薦めたくなるような作品でした。

CDラベルの”preasents”は誤植なのか!?

叶さんのシナリオ好きです。
自分にもこれくらい笑えるものを作れる才能があればと。

航さんの音楽好きです。
つか、航さんはHPのプロフィールに何か書くべきだと思う。

沙里歌が好き。
あの呆れ顔とか(私的には、やれやれのポーズと言っています)ツボにはまった。
ナイチチ属性ないんで、それ系が一番気に入ったのは久しぶり。(初?)

なにより、秀逸なのはスクリプト。
商業作品、”Fate”(typemoon)や”ぱれっと”(こちらはブランド名)と比べてしまえば、やはり見劣りはするのですが、同人という少ない資源でここまでやられたことは感嘆に値するかと。
※”typemoon”も”ぱれっと”も18禁作品を取り扱っていますので、検索される場合は気を付けてください。あえてリンクはいたしませぬのでー

ただ、体験版やってしまうと、だいたいの結末がなんとなく予想できて、体験版でここまでやるこたねーじゃん。と思ったのは内緒。
叶さんが、良い意味で裏切ってくれることを期待です。(プレッシャー

   というわけで。
一人は確実に買うことになりましたので、神州アクトピアさん、冬、”冬”の発売を心待ちにしております。虎舟。




ゲーム | コメント:2 | トラックバック:0 |

八年連続200安打

イチロー、おめでとー



野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |

オクターブ

なんか、このペースでブログを更新してると、いつかぷっつりと書かなくなるんじゃないかと思う。
虎舟です。



オクターブ(著:秋山はる)という漫画を知っているだろうか?
アフタヌーン連載の同性愛漫画である。

こんな風に書くとドロドロとした粘質系の漫画を連想される方もいるだろうが、悩んだり、悩んだり、悩んだり、の青春系恋愛漫画である。

主人公は、一度アイドルを辞めて、それでも芸能界の底辺にいる女の子。同級生がまだ高校生なので、18歳以下だと思われる。(高校中退なので)

お相手は、世界を達観したコインランドリーの店員(ほんとは違うらしい)、件、売れない作曲家。こういう性格の人は好き。

絵がね、好きなんです。
アフタヌーンの漫画って全部読む気にならないのですが、とりあえず、絵で読み始めました。
一話、二話と読み進めるうちに徐々に興味が湧いてきました。

それでも単行本を買おうかどうしようかっていうのは、悩んでたんですが、表紙と裏表紙にしてやられました。

同性愛の世界を描くって、完全にあっちの世界にいってしまっているような作品が多くて、共感が得られないというか、一部の読者以外を置いて進んでいくものばかりだと思うんです。

けど、オクターブの主人公は、ちゃんと現実にいながら魅かれていくので、もし自分が(主人公と私の性別は違いますが)同性愛なんてものを意識するとしたらこんな感じなんじゃないだろうかと、思うのです。

イエスタデイをうたって(著:冬目景)やナイーブ(著:二宮ひかる)なんかが好きな人にはお薦めかと。(注 ニ作品が同性愛を対象とした漫画という意味ではありません)

最後に、雪乃(主人公)はアイドル時代の髪が長い方がかわいいと思う。
それはただ単にお前が髪の長いのが好きなだけだろうがっ。(えー



漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

DMC

数ヶ月ぶりにリアルタイムでマクロスFを見ました。
なんか知らないけど、シェリルにときめいた。
あちきの見てない間になにがあったのー!? 途中の話を見てない、虎舟です。



当分、映画は観ないようにしようと心に決めていたのに、何故か行って来ました。

デトロイトメタルシティ 略してDMC。

アニマル見てるけど、原作は知らないんです。それに話として好きな題材ではありませんでした。
それでも観に行った。
理由は、ただの松ケンファンです。それだけです。

とまあ、そういうわけで原作を知らないので、相違点とかよくわからないんですが、CMでやっている内容を、良い意味でも、悪い意味でも裏切らない作品でした。

で、感想は、
おもしろかったです。
これほど爆笑のおこる映画を観たのは久々です。

さりげに、全然違うキャラを演じた松ケン、すごくね?
どうせ、大根役者だと思ってたロバート秋山(あんまり演技はしていなかったが)よかったじゃん。
一つの映画に何曲作るんだ? というほどの曲数(10曲以上はあった)
お母さんがいい味出してる。(後ろの席のおばちゃんもそう言ってた)

そんなわけで、ただ笑いたくなったら、観に行くのがいいかもしんない。デトロイトメタルシティでしたー



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

四季賞 2008 夏

DVDデッキ修理に来てもらいました。
いろんな都合から、”ドッチ弾平”をバックアップしませんでした。断腸の想い。虎舟です。



ちょいと漫画に詳しい人なら、アフタヌーンという月刊誌を知っていると思いますが、
それが季刊でやっている新人賞を ”四季賞” といいます。

その昔、シーズンジャンプやら、赤丸ジャンプやらで新人の作品を読むのが好きだった私には、季節毎の楽しみだったりします。

そんなわけで、以下、掲載三作品の感想をば。


『夢』 平松歓之介さん

ごめんなさい、合いませんでした。絵柄も、なにもかも。
巻頭に書かれているのですが、作者さんはゲームをあまり知らないみたいです。
取材力というのが、圧倒的に足りてない気がしました。
けど、アフタヌーンっぽい漫画だと思いました。

『クシナダの嫁入り』 文月悠さん

絵的に好きです。
ストーリーもこれくらいの時代の物語は書いてみたいというのもあって、興味を持って読めました。
ただ、ああいう終わりにするのなら、スサノオがもっと表に出ても良いのでは? と。

『モンタナレコード2号店絶賛営業中』 佐田茂輝さん

面白かったです。一番、今後が楽しみでした。
巻末より 谷口ジロー氏 選評
「笑った。ネームのテンポもよく、絵も決してうまいとは言えないが妙な味がある。 ~中略~ 絵の雑さの改善を今後の課題にして欲しい」
に激しく同意です。



批判的な意見も書きましたが、絵をかける人は、すごいと思います。
私は、若い頃、好きな絵は書けても、必要な絵が書けませんでした。
なので、全ての漫画家さんを尊敬しています。 虎。




漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

虎舟日記

矢口真里と付き合いました。夢の中で。
春樹(劇団ひとり)もいっしょだったので、やぐちひとりの見すぎかと。虎舟です。



数年前から、グラボが最先端のゲーム(主にMicrosoft)についていけません。
数ヶ月前から、PCがモーモーいい始めてどうしようもありません。
数日前から、DVDプレイヤーの調子が悪いです。HDが壊れた模様。

そんなわけでいろんなものを修理するために秋葉原へ。



HDが残り16時間余っていたのに、録画が出来なかったんです。

なんやかんや調べていくうちに、HDが壊れたのが原因だろうということになって、「お買い替えはPanasonic製品をお薦めします♪」 なんて表示が画面に出るものですから、秋葉原に買いに行こうという気になったんです。

でも、その前に取り外し方がわからなかったので、Panasonicに電話。
そしたら、「ヨドバシ(買った所)に聞いてください」
ヨドバシに電話すると、「うちでは対応できないので、Panasonicさんから連絡します」
どっちなんだ!

こっちは、今夜の”鉄腕バーディー”が録画できるかどうかが心配で心配でしょうがないって言うのに!

で、結局、Panasonicから、「修理しましょう」 と言われたので、HDの買い替えは延期。だって、機械音痴じゃなくても、あれの付け替えは無理。

けど、そのあと、バックアップとかしてたら、なんか平気に録画できるようになってた。明日、一応、修理来てもらおうと思うんだけど、結局、原因はなんだったんだろう?



まあ、それでも秋葉原に行こうという気にはなっていたので、残りの二つを解消するため、GO。

PCがモーモー言っている原因は、明らかにファンの影響なのです。
それでも、だましだまし使っていたのですが、10分に一回ぐらい、普通の音量のテレビよりも大きな音がなるようになってしまったので、買い替えへ。

こういう部品は多少高くても、ヨドバシ秋葉で買うことにしているのですが、売り場に行ったら、種類が多すぎてわからねえ。

あんまり安いの買ってもすぐ壊れそうだし、高いの買って取り付けできなかったらショックだし、という葛藤の末、3000円台の「冷却機能が他製品よりも桁違い」といううたい文句のやつを買った。

今、取り付けてみたけど、音が格段に違う。これはいい物を買ったと満足。



が、同じくヨドバシ秋葉でグラボを買った。
なんというか、Geforce3なんです。恥ずかしながら。

で、これもファンといっしょに取り付けようとしたら、「あれ? はまんねえ」
PCI なら大丈夫だろうと顕示していた私の心を嘲笑うかのように見事にはめ込み口の形が違う。

”やっちまった”

7000円をどぶに捨てました。あちき。
でもまあ、ファルコムのゲームは出来るんだし、まだ、買い換えなくていいかと。思って、これは見なかったことにします。



秋葉に行ったついでに、ちょいとSofmapのアミューズメント館(? 旧本館)に寄ってきました。
まあ、本当に、ちょっと最近のはやりの傾向を掴もうと思っただけだったんですが、全年齢対象コーナを見て驚愕。

イースオリジン 1000円
英雄伝説Ⅲ~Ⅴ 各1000円
ザナドュNEXT 500円
ぐるみん    500円

ファルコムソフトの大売り出し。
思わず、ザナドュNEXT以外(持っているので)買おうかと思ったのですが、”やってる時間がねえ” と ”英伝、今更やってあのグラフィックを楽しめるか? それなら、移植を待つべきじゃね?” という心の声に押されて、イースオリジンとぐるみんを買いました。

これはかなりお買い得。
安くなるの待ってた人は買い時です! 数量限定とか銘打ってたので、お早めに!



ガガガ文庫の 「とある飛行士への追憶」 (著:犬村小六)を読みました。
いい話でした。
近々、楚材晋用の読後感想に載っけると思います。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT