FC2ブログ

楚材晋用(そざいしんよう)

2012虎的映画大賞

映画カテゴリ、100本目記念?

今年、発表がこんなに遅れた理由は、忙しかったのもあるけど、
観た映画を書きだしてたUSBが壊れたからでもあるんだよー。
ども、虎舟です。

なわけで、選考に悩んでたわけとかじゃないです。

で、今年見た作品

ドットハック
ベルセルク1
ライアーゲーム 再生
SPEC 天
テルマエロマエ
宇宙兄弟
外事警察
スノーホワイト
ベルセルク2
おおかみこどもの雨と雪
コードギアス亡国のアキト
ダークナイト
るろうに剣心
踊る大捜査線
天地明察
エヴァンゲリオンQ
のぼうの城
悪の教典


受賞作は、

「天地明察」 と 「おおかみこどもの雨と雪」

です。

悩んだんですが、今年は2つにしておこうかなと。

「天地明察」は圧倒的。興行収入はよくなかったんですが、
日アカでもノミネートはされるだろうと思ってました。
でも、棒にも箸にも引っかからないっていうね。

しかし、スタッフが豪華というか、
ちゃんと演技してくれる人ばかりで、
逆に客寄せ的なものがなかったのかもしれないけど、
(主人公は、ジャニーズの岡田君ですが)
全てにおいて、絶品でした。


「おおかみこども」は、アニメ映画が変わる瞬間に
立ち会ったのではないかという衝撃。

この作品をアニメという枠でしか語れない人は、
とてつもなく可哀そうと思ってしまう。
主人公たちは、この世界に確かに生きているのを感じた。




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プラチナデータ

東野圭吾×二宮和也、ということで行ってきましたプラチナデータ。

東野さんは、はまってるわけじゃないけど、
結局、読む機会の多い作家さんで、

二宮くんは、青の炎から好きなので、
かなり期待していきました。

原作自体は、読んでないですが、
新書で出た当初から、これは面白そうだという印象がありました。

で、映画見て、
番宣で豊悦さんの役は、原作にいないという話を聞いていたのですが、
「え? この配役なしにどうやって話をまとめてるの?」
というレベルぐらいにかなり重要。

これはおそらく、警察サイドの動きもちゃんと見せるためと、
ニノが忙しいから・・・かなぁ?

後者はわからんけど、少なくとも前者の演出は成功していると思われ。

ただ、逃亡劇として考えると、
これ(カーチェイス)とこれ(爆発)をやっておけば、OKでしょ?
という印象も受けられ、
その点は、ゴールデンスランバーの方が面白かったかなと。

最後の持っていき方は、豊悦さんを加えた部分を
+以上に持っていく演出ができたように思えたので、
かなりよかったです。




映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ベルセルク3

黄金時代編、終わっちゃったね。
次回以降の予告、なかったね。

ども、日本のダークファンタジーはベルセルクだけだと思っている。虎舟です。

まあ、なんていうか、キャスカが主人公のとこですからね。。

にしてもだ。バーキラカと黒犬がカットされるとはどういうことだ!?

もう、虎ちゃん、ご立腹だよ~。

でも、中途半端に入れたら、変なことになっただろうな・・・。
尺的な関係で。

でも、個人的には、ドラゴン殺しを初めて使うとこはやって欲しかったかな。

あの使徒1号は、強さ的な面でも結構好きだし。


映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ストロベリーナイト

すごい、時期外れになってしまったよー。
という連投。


なんというか、西島(菊田)頑張れ! 頑張れ!! って映画でした。

悪い面から上げると、テレビ版(というより、原作版?)の姫川の暗黒面を理解してないと結構、納得できない感じ?

特に、好きな人はいるけど、他の異性に近づいてしまうというのは、ピュアな若者たちには通じんだろうな。とか、なんとか。

善い面を上げると。・・・上げると?
うーん、面白い映画ではあったんですが、「ここのこのシーンがっ!!」ってのはなかったような気もしないでもない。

その点は、前述の姫川の暗黒面とかそういうのが重要なんですが、
正月に一気見しての、浅いファンなんで、まだ語れないのかもしれんです。







映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

悪の教典

久方ぶりに、連投だよー


まあ、あの原作をまるっと収めるのは無理な話で。

ただ、個人的には、「美也にはもうその時間は残されていなかった」
(漢字が出ないので代用)の部分が欲しかったです。
まあ、原作では美也はもっと活躍(?)するので、その部分も違うんですが。

あと、あの外国のシーンは、映画だけの人には良くわかんなかっただろうなー。
逆にカットした方がよかったような気もしないでもない。

逆にラストシーンの「もう次のゲームを始めてやがる」は、よかったかな。
あれを原作通りに別のシーンでやるのはちょっと違う気がした。

でも、To be continued はないでしょう(笑)


そもそも、貴志祐介さんの作品というだけで、
個人的には原作以上にはならないので、この作品はこれくらいで。

ただ、創作者として、同級生が死体になっていく中で、
最後に散弾を撃ち込まれる情景というのは、非常に参考になりました。



映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT